都会での暮らしを終え、生まれ育ったふるさとへ帰り田舎暮らしを始めるという方はともかく、縁もゆかりもない田舎で新しい生活を始めるというのはなかなか障害が多いものです。
気に入った物件を見つけて購入したものの「こんなはずじゃなかった」という事態に遭遇した場合、また新しく別の場所で仕切り直しというわけにも簡単には行きません。

そこで賃貸物件での田舎暮らしをおすすめします。
まずは空き家を借りてその土地で生活し、購入する物件を探すのもいいですし、借りた家が気に入ればそのまま購入するということができる物件も数多くあります。

大分県杵築市の古民家・月額5,000円

大分県杵築市、山間の農村に建つ築135年の古民家。家賃は5千円で、購入することもできます(200万円)。
雨漏りする部分があるため、住むには補修が必要です。

物件詳細・お問い合わせ:大分県杵築市移住定住ポータルサイト

鳥取県日野町の古民家・月額10,000円以下

大きく立派な梁の通った古民家でありながらトイレは水洗という快適仕様。
入居には屋内全域と一部壁の大がかりなリノベーションが必要ですが、町外からの入居者が修繕を行う場合は、費用の一部を補助金で賄うことができます。

物件詳細・お問い合わせ:鳥取県日野町 空き家バンク 物件番号41

岡山県高梁市の古民家・月額10,000円

192坪の広大な敷地に建つ、立派なカンヅメ屋根が特徴的な古民家です。
空き家状態になってから約10年が経過していますが、きちんと定期的に管理されているので状態は良さそうです。
家賃は一万円で、購入の場合の価格は応相談。

物件詳細・お問い合わせ:岡山県高梁市 空き家バンク 物件番号314

続きを読む »


Tagged with:


長崎県長崎市の空き家バンクから。無償譲渡の空き家4件をご紹介します。

長崎市川上町の2階建て住宅。大浦地区の斜面地に立地。
間取りは4Kで建物面積は78.27㎡。駐車場がなく車の横付けもできませんがバス停が近くにあります。

長崎市油木町の平屋建て。長崎県立総合体育館そば。
こちらも傾斜地に建っており駐車場がありません。田舎暮らし物件には珍しく都市ガスが通っています。

続きを読む »


Tagged with:


大分県杵築市の空き家バンク物件より格安物件のご紹介です。
杵築市は国東半島の付け根に位置し、別府湾に面する海岸地域から山間部にいたるまで自然豊かなところです。
また大分空港や別府市街地にもアクセスしやすいので、自然豊かでそこそこ便利という快適な田舎暮らしが望めます。

はっきり言って家の状態はよくありません。古屋付きの土地を買うと考えた方が良いかもしれません。
そう捉えると、敷地内に屋根と壁のある家が建っているということがお得に思えてきます。ちょっと何を言っているのかわからなくなってきていますが(苦笑)、とにかく家と土地を合わせた値段が15万円なので。

続きを読む »


Tagged with:


大分県国東市から、みかん山の中に建つ静かで見晴らしの良い賃貸物件をご紹介します。
家賃は「年額60,000円」とあります。つまり月額5,000円。
賃貸物件ではありますが、売却も相談に応じてもらえるようです。賃貸で手直ししながら暮らしつつ、もし気に入れば購入できるというのはなかなか魅力的じゃないですか?

続きを読む »


Tagged with:


つい先日、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界文化遺産への登録が決定した天草エリアから、格安の空き家物件をご紹介します。価格は50万円。
所在地は天草郡苓北町。天草灘と千々石灘に面した美しい海に囲まれていながら、緑あふれる山々も望めるという、素晴らしい自然に恵まれた場所です。

間取りは5LDK……で合ってますかね?
床面積は104.72㎡(約31坪)と広々。建てられたのが昭和33年とのことなので、古民家と呼べるかどうかはわかりませんが間取りはそれに近いものがあります。

ふすまの使い方次第で広々と使うこともできるし、来客の際には仕切ってゲストルームを設けることもできます。個人的にはこういう間取りの家を、節のある無垢の杉板なんかで総板張りにリノベーションするのが好みです。
柱も梁も太くて立派ですね。

続きを読む »


Tagged with:


去年の6月にご紹介した天草の空き家の値下げ情報です。
もともと70万円と安かったのですが、なんと40万円まで下がりました。

平成14年から空き家状態とのことで、床や天井にダメージが見られますが価格は40万円。間取りは5Kで床面積は26.6坪とコンパクトなので、ある程度のリノベーションは自分でやってしまうのもいいかもしれません。

続きを読む »


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2019 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.