294734186_640x480

田舎暮らしファンの間では話題沸騰中の大分県。しかも国東半島の北に位置する離島の一戸建て物件です。
土地面積は204m²(60坪強)。

海水浴場が近い!釣りもやり放題!
これからのシーズンが楽しみな物件です。

続きを読む »


Tagged with:


buzenakiyabank

4月現在の入居者は45軒88人

2012年にスタートした豊前市の「空き家バンク」を利用し、市内の空き家へ入居した人が4月現在、45軒88人になった。市は「予想以上の出足。自然の中で第二の人生を楽しむ高齢者が多い」と話している。

市内への移住希望者に、市が仲介して空き家を貸すか売る取り組み。高齢化が進み、空き家が増えたことから、人口減少の歯止め策として導入した。居住可能で家主の了解の取れた空き家を市ホームページで紹介し、103軒(23日現在)が登録している。

12年1月にスタートし、約2週間で1軒目の入居者が現れ、以降も順調に成約が進んだ。北九州市、福岡市の他、九州の他県や関東、北海道からの移住者もいる。転勤者の住宅としても利用されているという。

豊前市の海、山に囲まれた環境が何より魅力のようだ。2月に同市天和の山すその空き家に福岡市から移住した元タクシー運転手、立川富雄さん(64)は、以前から田舎暮らしにあこがれ、退職とともに転居した。

豊前市空き家バンク登録物件一覧

続きを読む »


Tagged with:


291261619_640x480

広々とした庭、日当たりも気持ち良さそうな中古一戸建て物件です。
土地面積は537.51m²、間取りは4DK。1979年1月(築36年)。

写真手前のベランダに、縁側やウッドデッキを設置したくなります。

続きを読む »


Tagged with:


20140505193837kasagi

京都府笠置町で2010年度から始まった「空き家バンク」制度の利用が低迷している。移住者受け入れの窓口として期待されたが、肝心の空き家の提供が少なく、これまで町内に移り住んできたのは1世帯だけだ。町は「制度の活用を図りたいが、課題も多い」と話す。

制度は田舎暮らしを希望する町外からの移住者の受け入れを狙い、ホームページで町内の空き家物件の情報を紹介している。山城地域では城陽市、また府北部の福知山市や綾部市でも取り組んでいる。

続きを読む »




aso0426

最近注目を集めている生活に「二地域居住」があります。これは、二つの地域に生活拠点を設けるもので、主に都会の住居と農村とを行き来する生活となります。こういった生活スタイルは、2030年には1千万人を超えると国土交通省も予想しています。

同省では、「二地域居住」には4つの意義があるといいます。

続きを読む »


Tagged with:


tobacco

東京から熊本へ引っ越してきたのが2月4日。
まもなく3ヶ月になるのですが、移住を機に禁煙を始めたのです。

最初の2週間くらいは順調でした。
そりゃもう1,200kmも離れた土地に引っ越して、すべてが新鮮な時期ですから煙草のことなんて忘れちゃってました。

生活が軌道に乗り始めた1ヶ月目くらいが大変でした。もう煙草が吸いたくて吸いたくて。
素敵な喫茶店を見つけるとテンションが上がるのですが、テーブルの上の灰皿を見つめては「あぁ、この素敵な喫茶店で吸う煙草はさぞかし美味いのだろうなぁ」と考えてしまうのです。
しまいには、仕事が難航すると「これは煙草をやめたストレスのせいだ!」という、喫煙者特有のダメな思考回路が働くのです。

続きを読む »


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.