120001a

やっぱり物件写真って大事だと思うんですよ。
特に移住しようとする場所が遠隔地の場合、物件を実際に見に行くのは困難なので、まずはネットに掲載されている写真を見るしかないのです。ところがその写真がピンボケだったり、撮影日の天気が悪くてどんよりしていたりすると、せっかくの素敵な物件もそう見えなくなってしまうし、その時点で興味を失われてしまうのは重大な機会損失だと思うのです。

今回ご紹介する古民家物件は、物件写真の雰囲気がとても素敵です。日差しと木漏れ日がいい感じ。


Tagged with:


nichinan1

田舎暮らし界隈で人気上昇中、鳥取県の空き家バンク物件。
賃貸で家賃は一万円/月。売買も可能で価格は300万円。立派な古民家です。


Tagged with:


IMG_3732

私が住む熊本市が梅雨入りして間もなく一ヶ月が経とうとしています。
まぁ梅雨らしい梅雨で、連日雨が降り続いております。

雨が降ると大好きな山登りも困難になるし、クルマの運転にも支障が出る。
当然洗濯物は溜まっていくし、布団も干せなくてジメジメ。洗面所の壁にはカビが…
そんな感じで、今まで梅雨といえば鬱陶しいものでしかなかったのですが、最近は、というか熊本へ移住してからはどうも、環境の変化か心境の変化か、連日降る雨が愛おしくなってきました。いやもちろん色々なところに被害を及ぼす大雨は勘弁して欲しいですけどね。
新緑にやさしく降りかかる雨粒や、山から立ち上る水蒸気なのか雲なのか判断できない白い靄だとかがすごく綺麗でずっと眺めていても飽きないのです。




去年の11月に、家賃一万円以下で借りられる空き家バンクの賃貸物件をピックアップしました。
あれから半年以上経ちますが、いまだにこのエントリーにはアクセスが多いです。そこでまた改めて、「家賃一万円以下の空き家・2015年夏版」をピックアップしてみたいと思います。


Tagged with:


362akiya

大分県日田市の空き家バンク物件です。
この茅葺きトタン屋根って田舎でよく見かけますけど、なんだか独特の迫力ありますよね。こんなに屋根が高いのに平屋建てです。かっこいい。
茅葺きにトタンをかぶせたこのような屋根のことを、一部では「カンヅメ」とも呼んでいるそうです。たしかに缶詰っぽいです。

画像を見た限りでは、外壁もトタン化され、サッシはアルミに変更されています。部屋の奥に開口部がたくさん見えます。風通しが良さそうですね。
縁側も間口がドーンと広くていいですね。ここに腰掛けてビール飲みたいなぁ。


Tagged with:


sagabutsu

ひとつ前のエントリーで、佐賀県多久市の古民家をご紹介しましたが、予想を超える反響の大きさに戸惑い、驚き、狼狽えている一方、空き家が有効活用されようとしていることに喜びを感じております。

さて、佐賀県の物件が続きますがたまたまです。
前回の典型的な田舎暮らし向け物件とは少し趣を変えて、今回は街ナカのリノベーション向けな物件をご紹介します。

国道から県道に入って50mほどの場所にある、見ての通り店舗付き住居です。仏壇屋さんの倉庫というか、別館的な建物だったようです。


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.