IMG_6164

先日、自宅からそれぞれ一時間ほどの距離にあるA町とB村の役場へ行き、空き家バンク担当の方とお話させていただきました。この2つの自治体の対応がとても対称的で面白かったので日記的にメモしておくことにします。

まずはA町へ

ホームページ上にも空き家物件の情報を公開しているA町の担当の方(40代半ばくらい)の対応はとてもシステマティックというか、いかにも役所の方というか。

「ネットに載っていたあの物件の詳細を知りたい」と申し出たのですが、「利用登録を済ませないと、情報をお見せすることはできません」と。その場で利用登録の書類に記入したんですけどね。「今日はここまで」な感じでした。
うーん。こうして文章にしてみると、なんだか冷たくて嫌な人だと誤解を受けそうですが、別に嫌な人だったわけではなく、あくまで淡々と職務をこなす真面目な人という印象でした。
※4月12日追記:実際、すぐに郵送で物件写真などが届きました。

一方、B村では…

一方、ホームページでの情報公開は行っていないB村。
担当の方(30歳前後)は、パソコンで物件の写真を見せてくれたりと、とてもフランクに情報を開示してくれました。

続きを読む »


Tagged with:


IMG_2297

ようやく朝晩も冷え込むことがなくなり、この冬、暖房に調理にと大活躍した愛用のストーブを分解掃除して押し入れにしまいました。
一年中使える最新型のエアコンもいいですけど、やっぱりこういう『儀式』って、季節を感じられていいですよね。

続きを読む »


Tagged with:


Zemanta Related Posts Thumbnail

昨今、田舎暮らしがブームとなっている。リタイアした高齢者層だけではなく、ここ最近では、子育て世代や若者世代にもこの動きが広まっており、田舎暮らしの目的や意識も多様化しつつあるようだ。

夢のスローライフをイメージしていても、いざ移住してみると思わぬトラブルが発生することも少なくない。移住した地域に上手くとけ込むためには、どのようなことに気をつければ良いのか。移住の受け入れを活発に行なっている北陸地方の役場職員・Aさん(40代)は、次の3点が大切だと指摘する(以下、「」内すべてAさん)。

続きを読む »




toshima

どうにか引越が完了しました。

エレベーターなし5階建てマンションからの積み出しは、引越作業員のお兄さんを「入社以来、一番過酷な現場でした(汗)」と言わしめるレベルだったようです。

さて熊本での生活はというと、これが想像以上のクルマ社会。
通勤の時間帯の市街地では渋滞が起こり、郊外のお店は駐車場が広い。

「熊本ってロサンゼルスみたいだな」

酒を飲みながらそう呟いた私に対し、一緒に飲んでいた地元の友人は訝しげに首を傾げ、「こいつは何を言ってるんだ?」とでも言いたげにイノシシ肉をつまんでいました。

「ほら、中央区はハリウッドで東区がダウンタウンっぽくない?」

追い打ちをかけてみるも苦笑いされました。

「北区はバーバンク」

しつこく続けると無視されました。

「新屋敷あたりがビバリーヒルズかな。あ、違う。立田山だな」

無視。

「川尻はサンタモニカだろ」
「せからしか」

さすがに川尻をサンタモニカに置き換えるのは無理があったようです。

嫁さんはスーパーや道の駅へ行っては、精肉や野菜、鮮魚の質の高さと安さに狂喜乱舞しています。
「安いッ!」「白菜が重い!」「馬刺がスーパーで買えるの!?」などと、いちいち叫ぶので恥ずかしいです。私も私で、巨大ホームセンターで狂喜乱舞しているのですが…。

まだ家も段ボール箱だらけで、落ち着くまでしばらくかかりますが、熊本での生活をぼちぼちご報告していきたいと思っております。

※画像はLAっぽいと定評のある熊本市内の様子。




IMG_1735

現在、部屋探しのために熊本市内のホテルに滞在しています。
この週末で、既に15件ほど内見しました。

希望条件は、一戸建て、家賃が駐車場込みで6万円以下。間取りは3DK〜。
家自体は古くても構わないけど、水回りのリフォームは済んでいるもの。
そして、これが一番重要なのですが、「庭があること」。
家庭菜園で野菜を作ったり、庭に花を植えるのが、現在東京でマンション住まいをしている私と妻の小さな夢なのです。

いやしかし。
物件探しにおいては当然なのですが、「家自体は気に入ったけど、周辺の環境がどうも…」とか、その逆も然り。うちの奥さんはクルマの運転ができないので、バス停が近くないと辛いし。

続きを読む »




DSCF3200

先月の記事でご紹介した「ふるさと回帰フェア2013」に行ってきました。
小雨がパラつく生憎の空模様でしたが、会場は活気にあふれていました。

続きを読む »


スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2017 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.