111115a

2015年版「住みたい田舎ベストランキング」で見事1位の座を獲得した、島根県大田市の空き家バンク物件のご紹介です。
昭和2年に建てられた、とても広々とした玄関土間のある立派な古民家。この土間スペースでお店ができそうです。

続きを読む »




185372245_640x480

大きなガレージが特徴的な中古一戸建て物件。
間取り図は掲載されていませんが、全て和室で6帖・6帖・6帖・4.5帖・4.5帖の5DKと一般的なもの。リフォームして壁を取り払い、広く使うのもありでしょう。

続きを読む »




少し前の話題になりますが、法政大学大学院の坂本光司教授と、幸福度指数研究会のメンバーが面白い研究結果を発表しています。
様々な社会経済統計の中から、地域住民の幸福度を示していると思われる40の指標を抽出し、これらの指標を10段階評価したもの。

ようするに、住民が幸せを感じている都道府県ランキング、ってことですね。結果は以下の通り。

01位   福井    7.23点
02位   富山    7.20点
03位   石川    6.90点
04位   鳥取    6.63点
05位   佐賀    6.55点
05位   熊本    6.55点
07位   長野    6.48点
08位   島根    6.35点
09位   三重    6.25点
10位   新潟    6.18点

ベスト10に沖縄県が入っていないのは意外な気がします。
トップ3は北陸三県。次いで4位が鳥取県。日本海に面した県が1位〜4位というのが興味深いです。
同率5位は佐賀と熊本。九州です。8位はまた日本海に面した島根県。

統計の指標は以下の通り。

続きを読む »


Tagged with:


島根県内の中山間地域への移住や起業に関心のある首都圏在住者が24日、益田市匹見町のワサビ谷を見学した。
県が呼び掛け、東京都と千葉県に住む3人が参加。匹見町にIターンしたワサビ農家の案内で、同町紙祖のワサビ谷に入った。
谷筋に沿い約1キロにわたって石垣を組んでいることや、担い手の高齢化で長く放置されたワサビ谷を復旧する作業に取り組んでいることについて説明を受けた。
奥山に分け入った3人は、積もった落ち葉や枯れ枝を取り除いたり、石に付いたコケを落としたりして復旧作業を手伝った。東京都江東区の会社員岡本佳子さん(33)は「自然環境に大変な手間が加わって、おいしいワサビができるんですね」と感心していた。

【写真説明】ワサビ谷の復旧に取り組むツアー参加者

移住希望者がワサビ谷見学 – 中国新聞.


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2019 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.