昨年の夏、友人の結婚式に招待され北海道を訪れました。
当然ですが僕の住む九州とは樹木の種類が全然違っていて、特にシラカバやポプラの木が美しく、また地面の起伏が緩やかなのですごく遠くまで見渡せる「抜けた」景色を堪能しました。次回は雪の季節に訪問してみたいと思います。

今回ご紹介する田舎暮らし向け空き家物件は、そんな北の大地から。斜里郡清里町の広大な景色を独り占めできる素敵なお家です。

床面積34坪の木造二階建て。たっぷりの日差しを効率良く取り込めそうな窓がたくさんあります。
電気はもちろん家屋まで引き込み済み。ガスはプロパン、水道は地下水です。

続きを読む »


Tagged with:


以前にもこの物件は目にしていたのですが、50万円に値下げされていたのでご紹介します。
場所は石川県鳳珠(ほうす)郡能登町。人と自然が共存する「日本の原風景」が今も色濃く残されているところです。
この空き家の最大の特長は、高台に建っていて海(富山湾)と山(立山連峰)が見渡せること。
とにかく眺望は素晴らしいです。しかしその手の物件の宿命といいますか、必然的に付随してしまうデメリットなのですが、建っているのが傾斜地 なんですね。
しかも道路に面していないので再建築は不可。車を横付けにすることもできません。

続きを読む »


Tagged with:


長崎市の無償譲渡(0円)空き家バンク物件。
坂の町長崎らしく道が細く車が横付けできる駐車場もありませんが、バス停やスーパーも近くにあり、生活至便な物件です。

続きを読む »


Tagged with:


岡山県の中西部に位置、広島県と境を接する高梁市から古民家物件のご紹介です。
備中の小京都とも呼ばれる高梁市は、日本一高いところに現存する備中松山城など数多くの文化遺産が点在する歴史と文化のまちです。

続きを読む »


Tagged with:


岐阜県の南東部、恵那峡で有名な恵那市の古民家物件。
物件の所在地である飯地町は標高600メートルの高原の町。

人口は約640人。コンビニも、信号すらもない恵那市の中で一番小さな町です。

飯地町公式サイトの紹介にもある通り、自然豊かな場所にある古民家をご紹介します。

続きを読む »


Tagged with:


都会での暮らしを終え、生まれ育ったふるさとへ帰り田舎暮らしを始めるという方はともかく、縁もゆかりもない田舎で新しい生活を始めるというのはなかなか障害が多いものです。
気に入った物件を見つけて購入したものの「こんなはずじゃなかった」という事態に遭遇した場合、また新しく別の場所で仕切り直しというわけにも簡単には行きません。

そこで賃貸物件での田舎暮らしをおすすめします。
まずは空き家を借りてその土地で生活し、購入する物件を探すのもいいですし、借りた家が気に入ればそのまま購入するということができる物件も数多くあります。

大分県杵築市の古民家・月額5,000円

大分県杵築市、山間の農村に建つ築135年の古民家。家賃は5千円で、購入することもできます(200万円)。
雨漏りする部分があるため、住むには補修が必要です。

物件詳細・お問い合わせ:大分県杵築市移住定住ポータルサイト

鳥取県日野町の古民家・月額10,000円以下

大きく立派な梁の通った古民家でありながらトイレは水洗という快適仕様。
入居には屋内全域と一部壁の大がかりなリノベーションが必要ですが、町外からの入居者が修繕を行う場合は、費用の一部を補助金で賄うことができます。

物件詳細・お問い合わせ:鳥取県日野町 空き家バンク 物件番号41

岡山県高梁市の古民家・月額10,000円

192坪の広大な敷地に建つ、立派なカンヅメ屋根が特徴的な古民家です。
空き家状態になってから約10年が経過していますが、きちんと定期的に管理されているので状態は良さそうです。
家賃は一万円で、購入の場合の価格は応相談。

物件詳細・お問い合わせ:岡山県高梁市 空き家バンク 物件番号314

続きを読む »


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2020 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.