スポンサーリンク

岐阜県の南東部、恵那峡で有名な恵那市の古民家物件。
物件の所在地である飯地町は標高600メートルの高原の町。

人口は約640人。コンビニも、信号すらもない恵那市の中で一番小さな町です。

飯地町公式サイトの紹介にもある通り、自然豊かな場所にある古民家をご紹介します。

古民家の最大の弱点であるキッチンやお風呂などはきれいにリフォームされているので安心。
多少の補修が必要とのことですが、水回りがリフォーム済みなのでホントに”多少”で済みそうです。

日当たりの良い縁側と居間。立派な床の間もあります。
壁、畳、障子や襖も状態が良いですね。家主さんはこの家をとても大切にお手入れされていたのでしょう。

恵那の市街地まではクルマで30分ほど。自然豊かでそこそこ便利な田舎暮らしを楽しむことができる物件です。

物件詳細・お問い合わせ:恵那くらしビジネスサポートセンター・物件番号319

カテゴリ『空き家バンク』の記事

(c)copyright 2012〜2020 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.