スポンサーリンク

IMG_1735

現在、部屋探しのために熊本市内のホテルに滞在しています。
この週末で、既に15件ほど内見しました。

希望条件は、一戸建て、家賃が駐車場込みで6万円以下。間取りは3DK〜。
家自体は古くても構わないけど、水回りのリフォームは済んでいるもの。
そして、これが一番重要なのですが、「庭があること」。
家庭菜園で野菜を作ったり、庭に花を植えるのが、現在東京でマンション住まいをしている私と妻の小さな夢なのです。

いやしかし。
物件探しにおいては当然なのですが、「家自体は気に入ったけど、周辺の環境がどうも…」とか、その逆も然り。うちの奥さんはクルマの運転ができないので、バス停が近くないと辛いし。

スポンサーリンク

今回痛感したのは、やはり周辺の雰囲気は大事だなということ。
住宅地の中で物件を探していますが、もしいい物件があっても、近所の家がゴミ屋敷ではイヤですよね。
近隣の駐車場に爆音マフラーのシャコタン車が停まってるのもイヤだし。

で、なんだかんだでどうにか決めました。上の画像の庭付き一戸建て物件です。
同じような賃貸用の一戸建てが数件並んでいるという、地方都市によくあるパターンの貸家なのですが、そのわりに隣の家との間隔が広く取られていて、開放感抜群なのです。
上記の条件もすべてクリアしていて、なにより内見の際、野良猫たちが縁側で気持ち良さそうに日向ぼっこをしていたのです(!)

日差したっぷりのお庭に猫が遊びにきてくれる家!
これ不動産検索サイトの条件に入れた方がいいんじゃないですか!?
もうここしかないです。ここに決めました。

で、実際に契約となるのですが、熊本では保証人の他に、家賃保証会社への加入が一般的だということを初めて知りました。
内容は不明ですが審査があり、敷金礼金、仲介手数料の他に、賃料の80%を保証会社に支払う必要があります。

不動産業者によっては、保証会社加入の上、さらに保証人が2人必要だと言われたこともありました。
「保証人が県内在住ではないから」という理由でした。Iターン移住をされる方は、県内に連帯保証人を引き受けてくれる親戚友人がいらっしゃらない方がほとんどではないでしょうか。
些細なことですが、手続きにおいても金銭的にも少しハードルの存在を感じてしまいました。

ともあれ、審査は滞りなく通過しました。東京に戻っていよいよ引っ越しの準備を始めます。

関連コンテンツ
カテゴリ『具体的な行動』の記事

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.