スポンサーリンク

P1010038

さて、当ブログ「田舎の生活(を、夢見ている)」を開始して丸一年が経ちました。

コンセプトとして立ち上げた、「東京在住のライターが田舎暮らしを実現するまでの具体的な行動ならびに夢想」ですが、夢想ばかりをしていたわけではありません。

田舎暮らしをする場所を「熊本県南阿蘇村」に決めてこのブログを始めたのが第一ステップ。
次のステップとして来年2014年2月に、熊本県へ移住することが決定しました。

ただし、南阿蘇村ではなく熊本市内です。
熊本市内の賃貸物件を拠点に、ゆっくりと1〜3年ほどかけて南阿蘇村の土地もしくは空き家物件を探して行こうという作戦です。

スポンサーリンク

熊本市といえば現在人口70万人の政令指定都市。
私が住んでいた24年前はたしか50万人ほどだったと思います。
当時の友人知人も多く住んでいるので色々と安心ではあるのですが、不安といえばやはり仕事。
私の仕事は文筆業なのでどこにいても作業は可能なのですが、頻繁な打ち合わせに出席するのは無理。
目下、優秀なマネージャーに仕事の内容を調整してもらってはいるのですが、不安は拭いきれません。

それでもやっぱり田舎へ行きたい!
車好きな私は3年前まで自家用車を所有していたのですが、毎月の駐車場代(35,000円!)が重くのしかかり、手放してしまいました。
熊本へ引っ越したらまず車を入手するのが楽しみで仕方ありません。
趣味の登山だって手軽に楽しめるし、釣りを始めようかなとも思っています。

不安の種は尽きませんが、とにかく飛び込んでみなければわからない。
ペンで喰えなきゃ農作業の手伝いでもなんでもやってみよう。

ところで、周囲の人に「田舎に帰るよ」と告げると皆一様に「東京がイヤになったんだな」と返してくるのです。
誤解です。私は東京も大好きです。18歳で上京して24年間住んだ東京でかけがえのないものをたくさん得ることができました。
東京の友人たちと離れるのが寂しくないわけないじゃないですか。

そんな感じで、残り2ヶ月半の東京生活を楽しみます。
どうか当ブログを引き続き、「東京在住のライターが田舎暮らしを実現するまで」のゆる〜いドキュメントとしてお楽しみください。
そして同じような志を持つ方にとって、少しでも参考になる情報をお伝えできればと思います。

関連コンテンツ
カテゴリ『熊本県』の記事

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.