スポンサーリンク

山口市最北の地域で島根県と隣接する阿東嘉年の古民家物件です。
標高は約400mほどで、日本海側なので冬は寒そうですが、そのぶん夏は快適でしょう。

建築されたのは明治末期頃とのことなので、どんなに少なく見積もっても築100年は超えています。
価格は70万円と格安ですが、家屋の状況は「小規模改修」と、そう悪くはないようです。

玄関の様子です。特に何もないのに雰囲気がありますねぇ。
築面積は125.22㎡とかなり広いです。
敷地は604.95㎡なので約180坪。他に売却可能な山林(14,789㎡)と田畑(田7,999㎡、畑1,223㎡)があります。

トイレは汲み取りで給湯は薪と電気温水器の併用。
写真を見る限り、とても綺麗に保たれているようです。

土間の台所と床の間のある和室。
古民家の雰囲気を活かしたリフォームを施してもいいですし、ガラッとモダンな雰囲気にリノベーションしてしまうのもありだと思います。
もちろん最低限の修繕でそのまま使うのも良いでしょう。

物件詳細・お問い合わせ: » NO.144 空き家 [山口市移住情報サイト] すむ住む山口

カテゴリ『空き家バンク』の記事

(c)copyright 2012〜2018 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.