大分県杵築市の空き家バンク物件より格安物件のご紹介です。
杵築市は国東半島の付け根に位置し、別府湾に面する海岸地域から山間部にいたるまで自然豊かなところです。
また大分空港や別府市街地にもアクセスしやすいので、自然豊かでそこそこ便利という快適な田舎暮らしが望めます。

はっきり言って家の状態はよくありません。古屋付きの土地を買うと考えた方が良いかもしれません。
そう捉えると、敷地内に屋根と壁のある家が建っているということがお得に思えてきます。ちょっと何を言っているのかわからなくなってきていますが(苦笑)、とにかく家と土地を合わせた値段が15万円なので。

続きを読む »


Tagged with:


素敵な物件です。まずこの外観にヤられてしまいました。
シルバーグレーに退色した杉材の壁、模様入りガラスが嵌められた玄関建具、赤いポストの横に掛けられた熊手や箒。傘付きの照明もいい雰囲気です。

価格は80〜100万円とあります。20万円の差はかなり大きいと思うのですが交渉次第です。

続きを読む »


Tagged with:


大分県国東市から、みかん山の中に建つ静かで見晴らしの良い賃貸物件をご紹介します。
家賃は「年額60,000円」とあります。つまり月額5,000円。
賃貸物件ではありますが、売却も相談に応じてもらえるようです。賃貸で手直ししながら暮らしつつ、もし気に入れば購入できるというのはなかなか魅力的じゃないですか?

続きを読む »


Tagged with:


山口市最北の地域で島根県と隣接する阿東嘉年の古民家物件です。
標高は約400mほどで、日本海側なので冬は寒そうですが、そのぶん夏は快適でしょう。

建築されたのは明治末期頃とのことなので、どんなに少なく見積もっても築100年は超えています。
価格は70万円と格安ですが、家屋の状況は「小規模改修」と、そう悪くはないようです。

続きを読む »


Tagged with:


日本国内で指折りの自然景観を有する高原リゾート地である裏磐梯高原。
日本百名山である磐梯山、桧原湖、五色沼など数々の絶景スポットに恵まれた場所にひっそりと建つ山荘をご紹介します。

昭和48年に建築されたこのAフレーム型の山荘。44年の歳月を経た今でも通用するデザインです。
外壁をボルドーっぽい色に塗り変えたら見違えるのではないでしょうか。ブリティッシュグリーンなんかも映えそうですね。

価格は70万円。別荘として購入するのにも手頃です。

続きを読む »


Tagged with:


移住先として人気の高い大分県宇佐市の空き家物件をご紹介します。

価格は30万円となっていますが、これは土地を含まない上物のみの価格。
この土地は市の所有地で借地権契約(年額5万円程度)が必要となります。
「なぁんだ、土地は借物なの?」と思ってしまいそうですが、よく考えてみてください。
空き家が増え続けている昨今、いつかは家を「たたむ」ことも考えなくてはなりません。今後はさらに空き家と土地を処分することが難しくなってくるでしょう。
ところが借地権であれば、家さえ解体してしまえば土地は市にお返しすればそれで済むのです。

続きを読む »


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2019 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.