少し前の話題になりますが、法政大学大学院の坂本光司教授と、幸福度指数研究会のメンバーが面白い研究結果を発表しています。
様々な社会経済統計の中から、地域住民の幸福度を示していると思われる40の指標を抽出し、これらの指標を10段階評価したもの。

ようするに、住民が幸せを感じている都道府県ランキング、ってことですね。結果は以下の通り。

01位   福井    7.23点
02位   富山    7.20点
03位   石川    6.90点
04位   鳥取    6.63点
05位   佐賀    6.55点
05位   熊本    6.55点
07位   長野    6.48点
08位   島根    6.35点
09位   三重    6.25点
10位   新潟    6.18点

ベスト10に沖縄県が入っていないのは意外な気がします。
トップ3は北陸三県。次いで4位が鳥取県。日本海に面した県が1位〜4位というのが興味深いです。
同率5位は佐賀と熊本。九州です。8位はまた日本海に面した島根県。

統計の指標は以下の通り。

続きを読む »


Tagged with:


三重県津市美杉町石名原(伊勢奥津駅)の中古一戸建て・新築一戸建て[6950156350]|物件満載【MapFan住宅情報】

築47年の古民家。古民家というにはまだ築浅ですね。
しかし素晴らしいのはそのロケーション。いわゆる「田舎暮らし」という言葉でイメージするのはこんな風景ですよね。

続きを読む »


Tagged with:


移住希望者との間つなぐ

ふるさと回帰支援センターには空き家バンクについてのパンフレットが多数用意され、参考になる(東京・有楽町で)

「借りてくれる人がいて、本当にありがたい」。岐阜県中津川市の駅から車で10分ほどの場所にある農村部。築40年ほどになる瓦ぶき2階建ての民家を見上げながら、会社員の丹羽淳さん(51)は笑顔を見せた。

京都市に住む丹羽さんは、高校までこの家で暮らした。その後、父親が特別養護老人ホームに入り、母親も亡くなって4年前から空き家に。月1回訪れ、空気の入れ替えなどを行っていたが、「どうにかしなければと漠然と思うだけで、そのままにしていました」。

転機となったのは今年2月。中津川市のNPO法人「田舎暮らし応援ネットぎふ」から「家を賃貸に出しませんか」と連絡があった。同ネットは2年前から岐阜県の事業で空き家調査を行っており、丹羽さんの家を見つけて連絡してきた。理事長の木全義則さんは「地域活性化のための、空き家とそこに住みたい人をつなげる仲人役です」と話す。

今夏、滋賀県大津市の夫婦から申し込みがあり、10月に賃貸契約を結んだ。家賃は同ネットで教えられた相場並みに設定。空き家の時には、冬に水道管が破裂するといったトラブルもあり、「希望する人に住んでもらえるだけで満足です」。

引用元: 【実家をたたむ】(下)自治体が空き家バンク : 住宅・不動産ニュース : ホームガイド : YOMIURI ONLINE(読売新聞).


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2019 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.