毎朝の散歩コースです

毎朝の散歩コースです

《田舎暮らしハイ》で「家の目の前の森にシカがいる!」だの、「散歩が楽しい!」「星きれい!」だの浮かれた言葉ばかりで、具体的にどうやって田舎暮らしを始めたのかお伝えしていませんでした。

始まりは東京都練馬区に住んでいた2012年11月、
「5年以内に田舎暮らしを始めるぞ!場所は阿蘇山の麓!」
という目標を掲げ、このブログを立ち上げました。

まずは家族の説得から

私は妻と二人暮らし。子供はいないので妻の同意さえ得られればそれでいいのですが、元々お互いに自然とかアウトドアが好きだったので、「阿蘇山の近くに引っ越さない?」と提案したら「いいね!」と簡単にクリアできました。

とはいえ、妻は生まれてからずっと都会でしか暮らしたことがなく。いきなり山の中というのもあまりにハードルが高いんじゃないかと思いました。環境の変化に耐え切れず「やっぱり都会に帰りたい」となってしまっては元も子もありません。
そこで、田舎への移住を二段階に分けることにしました。

続きを読む »


Tagged with:


IMG_1973

すっかりお久しぶりの更新となってしまいました。
何をやっていたかというと、まぁ普通に年度末で仕事が忙しかったりもしたのですが、ついに念願の田舎暮らしが実現することになり、諸々の手続きに奔走していたのです。

約2年前、東京都某区から熊本市へ移り住み、何度も役場の企画観光課に空き家の問い合わせをしたり、周囲の人々に「阿蘇に住みたい!だが金はない!」と吹聴し続けた結果、「うるせぇなもう」と思ったのか、これまでに何人かの空き家を紹介してくれる方に出会いまして。
何件か内見まではしたものの、様々な事情で断られたりお断りしたりが続いたのですが、今回ようやく田舎暮らしの拠点となる家が見つかりました。

続きを読む »


Tagged with:


399akiya

住みたい田舎ベストランキング、2014年版で第一位を獲得した大分県宇佐市から、素敵な古民家物件のご紹介です。
こちらは賃貸で家賃は2万円。売買については応相談だそうです。

さて画像を見てみましょう。
家の前のスペースはコンクリートを打ってあります。夏の草むしりが億劫な人にはありがたいですね。
トイレは汲み取り式のようです。

続きを読む »


Tagged with:


IMG_6164

先日、自宅からそれぞれ一時間ほどの距離にあるA町とB村の役場へ行き、空き家バンク担当の方とお話させていただきました。この2つの自治体の対応がとても対称的で面白かったので日記的にメモしておくことにします。

まずはA町へ

ホームページ上にも空き家物件の情報を公開しているA町の担当の方(40代半ばくらい)の対応はとてもシステマティックというか、いかにも役所の方というか。

「ネットに載っていたあの物件の詳細を知りたい」と申し出たのですが、「利用登録を済ませないと、情報をお見せすることはできません」と。その場で利用登録の書類に記入したんですけどね。「今日はここまで」な感じでした。
うーん。こうして文章にしてみると、なんだか冷たくて嫌な人だと誤解を受けそうですが、別に嫌な人だったわけではなく、あくまで淡々と職務をこなす真面目な人という印象でした。
※4月12日追記:実際、すぐに郵送で物件写真などが届きました。

一方、B村では…

一方、ホームページでの情報公開は行っていないB村。
担当の方(30歳前後)は、パソコンで物件の写真を見せてくれたりと、とてもフランクに情報を開示してくれました。

続きを読む »


Tagged with:


256579764_640x480

あー…。出ちゃいましたねぇ久々に。
い〜い感じの古民家物件。しかも憧れの阿蘇です。

続きを読む »


Tagged with:


doma

正月に『BESS』から届いたポストカード。この写真が素晴らしすぎて紹介せずにはいられない。
この雰囲気はまさに私の理想とする家。一番のポイントはこの「土間」!
ソファ、薪ストーブ、そしてギターと打楽器。
この家が建っているのは山なので周りには何もなく、ギターを鳴らそうが太鼓を叩こうが迷惑なんてかからない。
友達がここに集まって、夜遅くまでワイワイ騒いだり歌ったりする光景が見えてきます。

私が今住んでいるのは東京都某区の歓楽街(明け方まで賑やかです)に建つマンションなのですが、そんな妄想をツマミに、このポストカードを眺めつつ夕べは飲み過ぎてしまいました。あぁ、早くここから脱出したい。


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2017 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.