屋根と壁のコントラストが印象的な古民家。
それにしても立派な入母屋屋根。圧倒されます。
頻繁に空き家バンク情報が更新される岩手県一関市の移住情報サイト「あばいん一関」から、今回もこんな立派な古民家が50万円という価格で売りに出されています。

続きを読む »


Tagged with:


IMG_0630

おはようございます。ここ数日、阿蘇地方には雪が降っています。標高約650メートルに位置する我が家の周囲は一面の銀世界。
昨年の3月末から始めた山の家での暮らし。今回、初めての冬を過ごすにあたって秋くらいからかなり戦々恐々としていました。ここは夏にエアコンがいらないくらい涼しい、いわゆる避暑地です。冬の寒さはとんでもないことになるんじゃないかと。
ただ、戦々恐々とはしつつも、顔は笑っていました。だって、そんな自然現象を感じたいからこそ田舎暮らしを望んだのですから。
昨晩はこの冬一番の寒さということで、夜の外気温は-10℃。朝起きてすぐ部屋の温度計を見たら-1℃でした。
それでもまぁストーブ焚いてればあったかいし、そんなにビビるほどのこともなかったなという感じです。まだこれからもっと寒くなる可能性もありますが……。

続きを読む »


Tagged with:


etajima

おためし暮らしや住宅補助金制度など、定住促進事業が盛んな広島県江田島市から、100万円の空き家物件のご紹介です。
江田島市は、瀬戸内海の広島湾にある島「江田島」にある市で、海や山など自然に恵まれていて、牡蠣やみかんなど特産品も豊富で、観光名所もたくさんある魅力的な土地です。

続きを読む »


Tagged with:


wgp4NXLGS

ご覧くださいこの素敵な佇まい。
空き家バンクの田舎暮らし物件の中でも希少な賃貸の古民家物件です。家賃は10,000円/月。
所在地は和歌山県有田郡有田川町。和歌山県のほぼ中央に位置する自然豊かなところです。

続きを読む »


Tagged with:


震災後から続いた長雨。南阿蘇村では連日の大雨警報、避難勧告避難指示。僕も何度かの夜を避難所で過ごし、心休まる暇もなかったのですが、ようやく梅雨が明け夏がきました。我が家は阿蘇山へ登る道の途中にあるのですが、標高も600mを越えると空気がまったく違います。エアコンがいらないどころか朝晩は寒いです。今から冬が恐ろしいです。

最近ますます活気付いているような印象を受ける各地の空き家バンクですが、今回も破格の古民家を見つけました。
価格は5万円です。家賃ではありません。土地と家屋を合わせた売買価格が5万円なのです。

続きを読む »


Tagged with:


毎朝の散歩コースです

毎朝の散歩コースです

《田舎暮らしハイ》で「家の目の前の森にシカがいる!」だの、「散歩が楽しい!」「星きれい!」だの浮かれた言葉ばかりで、具体的にどうやって田舎暮らしを始めたのかお伝えしていませんでした。

始まりは東京都練馬区に住んでいた2012年11月、
「5年以内に田舎暮らしを始めるぞ!場所は阿蘇山の麓!」
という目標を掲げ、このブログを立ち上げました。

まずは家族の説得から

私は妻と二人暮らし。子供はいないので妻の同意さえ得られればそれでいいのですが、元々お互いに自然とかアウトドアが好きだったので、「阿蘇山の近くに引っ越さない?」と提案したら「いいね!」と簡単にクリアできました。

とはいえ、妻は生まれてからずっと都会でしか暮らしたことがなく。いきなり山の中というのもあまりにハードルが高いんじゃないかと思いました。環境の変化に耐え切れず「やっぱり都会に帰りたい」となってしまっては元も子もありません。
そこで、田舎への移住を二段階に分けることにしました。

続きを読む »


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.