田舎暮らしを始めるにあたって、知らない土地への移住には不安がつきまとうものです。
また、下見の時にはわからなかったことに住んでから気づくことも多く、家を購入した後に「こんなはずじゃなかった……」と後悔するのは避けたいものです。

そこで、まずは賃貸物件に住み、その土地に馴染んでから購入する家を探すという、段階的田舎暮らしという方法を提案します。格安の家賃ということで、実際に住むにあたっては大規模な修繕が必要になったりとそれなりに覚悟が必要ということは念頭に置いて……。

広島県神石郡・古民家・3,000円/月

広島県東部、標高約500メートルの中国山地に位置する「神石高原町」の素敵な古民家。家賃は三千円です。
トタンで覆われたいわゆるカンヅメ屋根というやつです。木枠のガラス戸がいい雰囲気ですね。
元は農家さんの住居なので奥に蔵が見えます。
修繕や薪ストーブの導入には町の支援制度が利用できるそうです。

物件詳細・お問い合わせ:神石高原町空き家情報バンク|物件番号115

続きを読む »


Tagged with:


田舎暮らしを始めるにあたって、知らない土地への移住には不安がつきまとうものです。
また、下見の時にはわからなかったことに住んでから気づくことも多く、家を購入した後に「こんなはずじゃなかった……」と後悔するのは避けたいものです。
そこで、まずは賃貸物件に住み、その土地に馴染んでから購入する家を探すという、段階的田舎暮らしという方法を提案します。格安の家賃ということで、実際に住むにあたっては大規模な修繕が必要になったりとそれなりに覚悟が必要ということは念頭に置いて……。

鳥取県日野郡・賃貸古民家・一万円/月

nichinangaikan

築150年超の古民家です。配管工事や一部補修が必要な箇所はありますが、広々とした間取りの古民家に家賃一万円で住むことができます。
母屋と長屋があります。状態の良さそうな長屋の方で生活しながら、母屋を修繕するといいかもしれません。コメリも10km以内の距離にあります。

物件詳細・お問い合わせ:日南町の空き家情報(物件No.3)

続きを読む »


Tagged with:


1

今回は三重県熊野市の小さな漁村にある一戸建て物件をご紹介します。
価格はなんと20万円。建築年が昭和39年とのことなので、52年経っていることになりますが、この頃は既に戦後の建築資材の乏しい時期ではなく、ちゃんとした建材で作られている可能性が高く、構造がしっかりしていればリノベーションで蘇らせることは十分可能とのこと。

gaikan

外観写真からは、漁村特有の住宅密集感が見られます。
広々とした庭とか家庭菜園のできるスペースはありません。駐車場は近隣で確保することになります。

続きを読む »


Tagged with:


5130736b342ee9ffd80708f689d14616

みなさまお盆をいかがお過ごしでしょうか。
東京ではお盆になると人が少なくなるのが楽しくて、普段と違って交通量の少ない青山通りを意味もなくドライブしたりして楽しんでいました。
田舎では逆に、里帰りしてきた人で賑わいます。阿蘇には他に県外ナンバーやレンタカーの観光客も増えて、震災直後の寂しかったゴールデンウイークに比べるとかなり賑やかでちょっと安心。

今回ご紹介するのは、長崎県新上五島町の賃貸物件です。家賃は月8,000円。
木造二階建て。左右対称の外観がいいですね。

続きを読む »


Tagged with:


kure1

道幅が狭くて坂が多くて住宅が密集していて、でもちょっと開けた場所に出ると絶景が広がっている。という、大林宣彦監督の映画の世界みたいな雰囲気のある町に建つ空き家物件。まぁこの家がある広島県呉市は、瀬戸内海に面していて尾道市のすぐご近所だから雰囲気が似ているのは当然なのですが。

情報元に明記されているように、空き家となってから12年も経過しており、状態はかなり悪いです。

続きを読む »


Tagged with:


image.php-4

当ブログ「田舎の生活(を、夢見ている)」も今月で開設から丸3年が経ちました。
開設当初は東京23区内のマンションに住んでいました。二年目に、南阿蘇村での家探しの拠点として熊本市郊外の「ちょい田舎」へ移住し、家探しは現在も続いています。早くブログタイトルの(を、夢見ている)の部分を削除したいのですが…。

さて、今回ご紹介するのは、首都圏の田舎暮らし候補地として人気の高い千葉県の、海が見える家です。

続きを読む »


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.