ウッドデッキの扉についている留め金が例のコレなのです。
蝶番がついていて、パタンと倒して捻って、南京錠もかけられるという。

ただこれあんまり見た目が好きになれないし、なんだか使い勝手も良くない。
サッと開けてサッと閉めたい時に手間取ったりしてしまう。何よりホームセンターに売ってたヤツをただ付けましたって雰囲気でこだわりが感じられない。
ここに鍵をかけるわけでもないし、とりあえず扉が風に煽られてパタンパタンとならないようなラッチを、有り合わせの端材で作ってみようと思い立ちました。

続きを読む »


Tagged with:


IMG_0630

おはようございます。ここ数日、阿蘇地方には雪が降っています。標高約650メートルに位置する我が家の周囲は一面の銀世界。
昨年の3月末から始めた山の家での暮らし。今回、初めての冬を過ごすにあたって秋くらいからかなり戦々恐々としていました。ここは夏にエアコンがいらないくらい涼しい、いわゆる避暑地です。冬の寒さはとんでもないことになるんじゃないかと。
ただ、戦々恐々とはしつつも、顔は笑っていました。だって、そんな自然現象を感じたいからこそ田舎暮らしを望んだのですから。
昨晩はこの冬一番の寒さということで、夜の外気温は-10℃。朝起きてすぐ部屋の温度計を見たら-1℃でした。
それでもまぁストーブ焚いてればあったかいし、そんなにビビるほどのこともなかったなという感じです。まだこれからもっと寒くなる可能性もありますが……。

続きを読む »


Tagged with:


%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-01-11-50-21

あけましておめでとうございます。
去年は悲願の田舎暮らしが実現したかと思いきや熊本大分地震に見舞われ、阿蘇中岳が噴火し、なんだかバタバタと大変な一年でしたが、まぁ命があってよかったなと幸運に感謝しつつ新年を迎えることができました。
この写真は今朝撮影したもの。初日の出に照らされる阿蘇高岳です。

続きを読む »


Tagged with:


okutama1

東京都内でも田舎暮らしはできるし、空き家バンクもあるのです。
今回ご紹介するのは、東京都奥多摩町にある森林に囲まれた一戸建ての空き家物件です。
以前、私が東京に住んでいた頃はよく奥多摩までバイクツーリングに出かけていました。
特にこの物件がある日原(にっぱら)は、鍾乳洞や渓流、滝など豊かな自然を楽しめる場所です。

続きを読む »


Tagged with:


takaki

福岡県八女市といえばお茶やお米が有名ですが、この物件の所在地である星野村は、その名が示す通り美しい星が見える場所として知られています。
裏に清流星野川が流れるこの空き家物件は、市役所の支所や温泉、病院などが揃っていて比較的便利に暮らせる立地です。
価格は土地と建物合わせて50万円。賃貸だと2万円/月となっています。
賃貸の場合でもペット飼育、DIYでのリノベーションもOKです。

続きを読む »


Tagged with:


普段、空き家バンクで取り引きされている激安の物件を紹介しています。
土地付きの一戸建てが100万円以下で買える。いや50万円以下のものもある。下手したら無償譲渡なんてのもある。
でもそういう激安物件は、だいたい〝大規模なリフォームが必要〟な状態のものがほとんど。数十万円という格安で入手できても、住めるようにするのにまたお金がかかるというわけです。いくらかかるかは、物件の状態によって変わります。

ただ、建築や住宅の素人である私にはいくらかかるのか見当もつきません。そこで屋根や床、外壁など部分ごとにどれくらいの金額がかかるのか、私なりに調べてまとめてみました。

続きを読む »


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2017 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.