DSCN0286

進路に悩む高校時代、友人との会話では「島根を出たいよね」というのが決まり文句だった。
田舎を飛び出して都会に住んでみたい、島根県以外ならどこでもいい、などと未知の世界への憧れを語り合った。

関西の大学に通っていたころは、島根出身と自己紹介するのが恥ずかしかった。島根出身者は周囲にはゼロ。
しかも、何度も「島根ってどこ?」と聞き返される。「なんで田舎に生まれたんだろう」と落ち込むことすらあった。




P1020751

天草の空き家バンク情報より。
家賃なんと5千円の一戸建て賃貸物件!webで情報を得られるのは珍しいです。

築55年の平屋建て。床面積は103.2㎡で間取りは5DK。
海が近く、広め(23.8㎡)の倉庫も付いています。
家財道具が残っているらしく、その処分は入居者負担。使える物はそのまま使えるとポジティブに解釈しましょう。

なんといっても家賃が5千円!しかも……


Tagged with:


20130824-00000123-san-000-7-view

農業の担い手育成や遊休地解消を目指し、農家以外の人が小規模から農業経営に参入できる大阪府の「準農家制度」が人気を集めている。府が橋渡し役となって農地を貸し出し、収穫した作物を販売できる全国的にも珍しい仕組みで、これまでに49人の「準農家」が誕生。府内の農家戸数は10年前から約1割減少し、高齢化も深刻だが、制度開始で民間の遊休地計5・3ヘクタールの解消にもつながったという。

府南東部の富田林市にあるイチゴ畑。蒸し暑いビニールハウスで苗の手入れをする大阪狭山市の米田哲治さん(40)は「試行錯誤の毎日。でもやりがいがある」と汗をぬぐった。


Tagged with:


5414_5_5_up_QPLIPZX7

熊本県移住・定住ポータルサイトが作成した移住促進ガイドブック「くまもとくらす」を入手しました。
上のリンクからPDF版がダウンロードできるのですが、どうしても紙媒体で欲しかったので、銀座熊本館へ。
建物3階のUIターン相談室へ顔を出したところ、お忙しそうだったにも関わらず、親切な職員さんが倉庫から探し出してくれました。

表紙から全73ページフルカラーの素敵な冊子です。
移住者へのアンケート、インタビュー、各市町村の詳細な情報など読み応えたっぷり。
無料でいただいちゃっていいのかな?と思ってしまうほど立派な出来映え。




img61811147

私が田舎暮らしを実現した際には、リメイク家具のショップを出すという目標があります。
市街地でショールーム的なお店にするか、それとも山奥の工房のようなお店にするかはまだ未定で、とりあえず移住を果たしてからゆっくり考えようと思っています。

建物のベースはハコだ。

お金が有り余っているという人ならともかく、私のように日々の生活にヒイヒイ言ってるような人間にとって、お店を開業するにあたっての一番の悩みどころはやはりお金。お店を構えるにはお金がかかります。新築で建てるなんて夢のまた夢。
自分の理想に近い中古物件を探すのが現実的です。と、思っていたのですが、「ユニットハウス」「コンテナハウス」なんて選択肢もあったんですね。


Tagged with:


田舎暮らしを始めたらやってみたいことのひとつ。
「庭で焚き火をする」
しかもその焚き火で調理をしたり。

私はアウトドアが趣味なので、もっぱらキャンプ時に焚き火を楽しんでいるのですが、それがやれる庭のある家を夢想しています。
焚き火にも様々なやり方があります。


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.