「貸す」「売る」を決めたらどう行動するべきか。

まずは、「空き家バンク」に住宅を登録。これは、地域に移住したい人と、空き家を貸したい・売りたい人をつなぐ仕組み。市町村やNPO法人が運営しているので自治体に尋ねたい。ただ、多くの空き家バンクは、双方の引き合わせまで。その後の交渉は当人同士か不動産会社を紹介してもらう。実績もあまり多くないが、何事も行動しなければ始まらない。

続きを読む »




top_image

朝の連続テレビ小説「あまちゃん」。
みなさん見てますか?私は第一回から一話たりとて見逃さず、いや、それどころか録画して一日に5回は見るほどハマっています。

なので今月いっぱいで終わってしまうのが寂しくて仕方ありません。
「あまちゃん」のおかげで、月曜日から土曜日は毎朝7時半に起きるという規則正しい生活ができていたのに、終わってしまったらまた不健康な昼夜逆転生活に戻ってしまいそうで戦々恐々としています。

続きを読む »


Tagged with:


136905770_640x480

今回は、珍しく賃貸物件を紹介してみようと思います。
場所は阿蘇郡高森町。ウッディな内装が素敵な二階建て。庭とウッドデッキが付いてます。
こういうリゾート物件の雰囲気を持った一戸建て賃貸物件は珍しいですよね。

続きを読む »


Tagged with:


217518793_640x480

久々に出ました。別荘地の中古ログハウス物件です。
緑に囲まれ静かで日当たり良好。
別荘地内には小川が流れ、川遊びや近くに海にも近く海水浴や釣りも満喫できます。

続きを読む »


Tagged with:


DSCF3200

先月の記事でご紹介した「ふるさと回帰フェア2013」に行ってきました。
小雨がパラつく生憎の空模様でしたが、会場は活気にあふれていました。

続きを読む »




人口減少が続く平戸市は、市内への移住希望者が自分の都合の良い日程で滞在できる「いなか暮らしお試しステイプログラム」を今月から始めた。市はこれまでも移住体験ツアーを年に1、2回実施してきたが、スケジュールを市が決めていたため、仕事などがある人は参加しにくかった。希望者の都合に合わせることで移住促進につなげたい考えだ。

同市の人口は9月1日現在3万4591人。離島や周辺部の人口減少が顕著で、2040年には2万人を割り込むと予想されている。このため市は07年から体験ツアーを実施し計34組57人が参加したが、3組6人の移住にとどまっていた。

続きを読む »


スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.