IMG_4635

BRUTUS特別編集「居住空間学」。このシリーズ、大好きなんです。
取り上げられている部屋がどれも、なんといいますか〝キワキワ〟のセンスがたまらない。
白い漆喰の壁に古材の床など、ナチュラル系の室内に突然アニマル柄のソファが置かれていたり。
単体で見れば古くてボロボロの家具が、その空間に置かれると途端にお洒落でかっこいいものになったり。

続きを読む »


Tagged with:


unit-small-e1424965398862-500x311

軽くて強いユニットハウス

安価でデザインが良いことでお馴染み、スウェーデンの家具メーカー「IKEA」が仮設住宅「Better Shelter」を発表しました。
軽量鉄骨と耐久性に優れたパネルで構成されたこのユニットハウス。広さは17.5平米。

building

完成まで約4〜8時間

組み立ては簡単。
骨組みを組み立て→屋根とソーラーパネルを設置→壁、窓、ドアを設置。
約4〜8時間で完成できるようです。

ユニット構造なので、増設やメンテナンス性にも期待できます。
屋根に設置できるソーラーパネルもセットになっていて、室内の照明やUSBコンセントに電力を供給できるようになっています。

続きを読む »


Tagged with:


DSCF7487

すっかり忘れていたのですが、このブログには「〝買い〟なモノ」というカテゴリがありまして。

これはブログを始めた当初、つまり東京に住んでいた頃、田舎の家にこんなモノがあったらお洒落だろうな、とか、便利だろうなと思ったモノを紹介する意図で設定したものです。
ところが東京から熊本市へ移住して、実際に〝プチ〟田舎暮らしを始めたところ、モノへの執着が急速度で萎えていったのです。

続きを読む »




key

結果からお話しすればタイトルの通りなのですが、東京から熊本へ移住したのが今年の2月。そのわずか3ヶ月後にまた引っ越しをしました。
…というのも、2月に入居した家の大家さんの都合で、今年の10月までに立ち退かなくてはならなくなってしまったのです。
「はぁ!?そんなのないよ!」せっかく気に入って契約した物件で、ようやく生活も落ち着いたところ。引っ越しだって大変だし、できれば立ち退きは回避したいところですが、不動産会社と大家さんは平身低頭。もう決定事項のようです。

続きを読む »




IMG_2297

ようやく朝晩も冷え込むことがなくなり、この冬、暖房に調理にと大活躍した愛用のストーブを分解掃除して押し入れにしまいました。
一年中使える最新型のエアコンもいいですけど、やっぱりこういう『儀式』って、季節を感じられていいですよね。

続きを読む »


Tagged with:


shin036-top

可愛いモダン盆栽。
真鍮製なので、磨いて光らせるもよし、放ったらかして曇らせるもよし。色々な表情が楽しめそうです。
こういうデザインなら、洋間にもマッチしそうですね。
手のひらサイズなのでデスクやテーブルのワンポイントによさそうです。

【品品 小林健二 景色盆栽】モダン盆栽 ひつじ (真鍮)


スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.