普段、空き家バンクで取り引きされている激安の物件を紹介しています。
土地付きの一戸建てが100万円以下で買える。いや50万円以下のものもある。下手したら無償譲渡なんてのもある。
でもそういう激安物件は、だいたい〝大規模なリフォームが必要〟な状態のものがほとんど。数十万円という格安で入手できても、住めるようにするのにまたお金がかかるというわけです。いくらかかるかは、物件の状態によって変わります。

ただ、建築や住宅の素人である私にはいくらかかるのか見当もつきません。そこで屋根や床、外壁など部分ごとにどれくらいの金額がかかるのか、私なりに調べてまとめてみました。


Tagged with:


DSCF1313

ここのところ、タダでもらってきた中古パレットを解体した廃材で家具をつくることにハマっていたのですが、また新たにいい感じの廃材を見つけました。

青果店の裏に積まれていたこの木箱。
ミカンだのリンゴだのイモだのが詰め込まれていたものだそうですが、これが山積みになっていたのです。

DSCF1315

日灼けした木材に釘から出た錆。なかなかいい味出てます。
お店の人に聞いたところ、例によって「好きなだけ持って行って」ということだったので4箱ほど頂いてきました。本当はもっとたくさん欲しかったのですが、その日乗ってたクルマがちっちゃい軽自動車だったので、どう頑張ってもそれしか積めなかったのです。


Tagged with:


DSCF1289

先月の記事「最もスマートで簡単なパレットの解体方法」でバラしたパレットでスツールを作りました。
最初の作品に続いて、何故またスツールなのかというと、『脚が組んであってその上に天板がある』というカタチは、大きさを変えれば椅子にもなるしテーブルにもなる。もちろん飾り台にも収納にも。
つまり生活に必要な家具の基本的なカタチであるということ。

スツールはすべての基本(だと思う)

モノやヒトが乗る天板は地面と平行でなければならないし、それを支える脚は頑丈である必要があります。このカタチさえちゃんと作れるようになれば、最低限必要な家具はすべて自分で作れるんじゃないかなと思ったからです。

その上で見た目のデザインが優れていれば、使っていて楽しいし、生活に潤いも生まれます。

パレット木工の優れている点は、材料費が無料で済むことはもちろんですが、なんと言っても「素材のバラつき」が魅力です。


Tagged with:


http://www.fyi.tv/shows/tiny-house-nation/about/season-1

via http://www.fyi.tv/shows/tiny-house-nation/about/season-1

「タイニーハウス」というムーブメント

近年、アメリカでは最低限のモノしか所有せず、コンパクトでシンプルに暮らすという「タイニーハウス(スモールハウス)」というムーブメントが起こっているようです。
アメリカの家の平均的な床面積は約200㎡。タイニーハウスは20㎡〜40㎡のものを指すので、1/10〜1/5しかないということになります。

アメリカというと、「大量生産!大量消費!」「コストコ行って冷凍ピザ50枚買うぞ!」みたいなイメージですが、リーマンショックで家を失った人がいたりして、いろいろと生活を見つめ直し、シンプルな生活を選択する人が増えているということでしょうか。


Tagged with:


IMG_5284

当ブログでも最も反応の薄い「DIY」カテゴリのエントリーです。いいんです。やってる本人は楽しいのです。

さて、先月「大雑把な人ほど向いている?中古パレット工作のススメ」という記事で、中古パレットを分解してスツールを作りました。

一番大変なのは「解体」

前回の記事では参考動画を紹介してサラッと流しましたけど、実はパレット木工って、最初の工程である「分解」が一番骨が折れる作業なのです。
バールを使うとパレットにダメージを与えてしまうので、あて木をしてハンマーでガンガン叩くという、騒がしくて危険な作業。これがなければ楽しいのに。
しかもけっこう失敗します。動画のようにうまくいきません。大切な資材となる板が割れてしまい、端材ばかりが積み上がっていくことが多いです。

いいパレットが手に入った

IMG_5354

いい感じに木目が浮き出たパレットが手に入りました。これで家具を作ったらいいものになりそう。それだけに解体で失敗したくない。
あて木をしてハンマーで叩いてみます。

IMG_5365

いきなりやってしまった…。しかも印字の残る〝いい部位〟なのに(後述)。

僕の心は板とともに折れてしまったので一旦休憩。
いい分解方法がないか検索してみます。

▶︎ The Pallet PryBar

海外のサイトですが、便利そうなものがありました。
でも入手が困難です。うーん、どうしたものか…。


Tagged with:


DSCF0830

近所のホームセンターの巨大な駐車場の一角に、使い古しのパレットが積んでありまして。店員さんに「あれって…」と話しかけたところ、まだ僕が何も言ってないのに「あぁどうぞ、好きなだけ持って帰ってください」と言われてしまいました。
そこまで物欲しげな顔をした覚えもないのですが、まぁくれると言うならもらってやろう。というわけで何枚か戴いてきました。


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.