%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab-2017-01-01-11-50-21

あけましておめでとうございます。
去年は悲願の田舎暮らしが実現したかと思いきや熊本大分地震に見舞われ、阿蘇中岳が噴火し、なんだかバタバタと大変な一年でしたが、まぁ命があってよかったなと幸運に感謝しつつ新年を迎えることができました。
この写真は今朝撮影したもの。初日の出に照らされる阿蘇高岳です。

続きを読む »


Tagged with:


takaki

福岡県八女市といえばお茶やお米が有名ですが、この物件の所在地である星野村は、その名が示す通り美しい星が見える場所として知られています。
裏に清流星野川が流れるこの空き家物件は、市役所の支所や温泉、病院などが揃っていて比較的便利に暮らせる立地です。
価格は土地と建物合わせて50万円。賃貸だと2万円/月となっています。
賃貸の場合でもペット飼育、DIYでのリノベーションもOKです。

続きを読む »


Tagged with:


普段、空き家バンクで取り引きされている激安の物件を紹介しています。
土地付きの一戸建てが100万円以下で買える。いや50万円以下のものもある。下手したら無償譲渡なんてのもある。
でもそういう激安物件は、だいたい〝大規模なリフォームが必要〟な状態のものがほとんど。数十万円という格安で入手できても、住めるようにするのにまたお金がかかるというわけです。いくらかかるかは、物件の状態によって変わります。

ただ、建築や住宅の素人である私にはいくらかかるのか見当もつきません。そこで屋根や床、外壁など部分ごとにどれくらいの金額がかかるのか、私なりに調べてまとめてみました。

続きを読む »


Tagged with:


DSCF1313

ここのところ、タダでもらってきた中古パレットを解体した廃材で家具をつくることにハマっていたのですが、また新たにいい感じの廃材を見つけました。

青果店の裏に積まれていたこの木箱。
ミカンだのリンゴだのイモだのが詰め込まれていたものだそうですが、これが山積みになっていたのです。

DSCF1315

日灼けした木材に釘から出た錆。なかなかいい味出てます。
お店の人に聞いたところ、例によって「好きなだけ持って行って」ということだったので4箱ほど頂いてきました。本当はもっとたくさん欲しかったのですが、その日乗ってたクルマがちっちゃい軽自動車だったので、どう頑張ってもそれしか積めなかったのです。

続きを読む »


Tagged with:


DSCF1289

先月の記事「最もスマートで簡単なパレットの解体方法」でバラしたパレットでスツールを作りました。
最初の作品に続いて、何故またスツールなのかというと、『脚が組んであってその上に天板がある』というカタチは、大きさを変えれば椅子にもなるしテーブルにもなる。もちろん飾り台にも収納にも。
つまり生活に必要な家具の基本的なカタチであるということ。

スツールはすべての基本(だと思う)

モノやヒトが乗る天板は地面と平行でなければならないし、それを支える脚は頑丈である必要があります。このカタチさえちゃんと作れるようになれば、最低限必要な家具はすべて自分で作れるんじゃないかなと思ったからです。

その上で見た目のデザインが優れていれば、使っていて楽しいし、生活に潤いも生まれます。

パレット木工の優れている点は、材料費が無料で済むことはもちろんですが、なんと言っても「素材のバラつき」が魅力です。

続きを読む »


Tagged with:


http://www.fyi.tv/shows/tiny-house-nation/about/season-1

via http://www.fyi.tv/shows/tiny-house-nation/about/season-1

「タイニーハウス」というムーブメント

近年、アメリカでは最低限のモノしか所有せず、コンパクトでシンプルに暮らすという「タイニーハウス(スモールハウス)」というムーブメントが起こっているようです。
アメリカの家の平均的な床面積は約200㎡。タイニーハウスは20㎡〜40㎡のものを指すので、1/10〜1/5しかないということになります。

アメリカというと、「大量生産!大量消費!」「コストコ行って冷凍ピザ50枚買うぞ!」みたいなイメージですが、リーマンショックで家を失った人がいたりして、いろいろと生活を見つめ直し、シンプルな生活を選択する人が増えているということでしょうか。

続きを読む »


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.