IMG_56911-600x449

新年あけましておめでとうございます。今年も当ブログをよろしくお願いいたします。

さて、今年の新年は初詣に出かけた帰り道に、なんと野生の猿に出くわしました。
普段なら「あ、猿だな」くらいなもんですが、申年の初詣の帰り道となれば話は別。
「うおおお!猿だ!いや申だ!」と絶叫。こりゃ縁起がいい。ありがたいありがたい。
そのご利益か、totoの3等が当たりました。miniの3等で4,000円ですけど。
なにより「阿蘇で空き家を売りたがってる人がいますよ〜」という情報をいただいたりと、年明け早々いいことが続いております。今年はブログのタイトル「田舎の生活(を、夢見ている)」のカッコの部分が外せそうな予感。

そんなわけで、新年一発目の記事は大分県国東市の空き家バンク賃貸物件です。


Tagged with:


shimonita1

暖冬だとは言われていますが、朝晩はもう冬らしい寒さになってきました。朝出かけるときは車の窓に氷が張ってますもんね。
今年は去年に比べて灯油がかなり安くなっていて、この冬、我が家の石油ストーブは暖房はもちろん調理にも大活躍する予定です。

さて、今回ご紹介するのは、軽井沢にほど近い群馬県下仁田町より、賃貸では珍しいリゾート物件です。


Tagged with:


image.php-4

当ブログ「田舎の生活(を、夢見ている)」も今月で開設から丸3年が経ちました。
開設当初は東京23区内のマンションに住んでいました。二年目に、南阿蘇村での家探しの拠点として熊本市郊外の「ちょい田舎」へ移住し、家探しは現在も続いています。早くブログタイトルの(を、夢見ている)の部分を削除したいのですが…。

さて、今回ご紹介するのは、首都圏の田舎暮らし候補地として人気の高い千葉県の、海が見える家です。


Tagged with:


0000045346

当ブログではこれまで50万円以下の空き家物件を多くご紹介してきました。中には0円なんて物件もありました。120万円の物件を「高い」なんて感じてしまう症状(?)も出てきてしまう始末。

激安物件は入手した後お金がかかる

とはいえ、やはりそのような激安物件というのは当然のことながら、大規模な修繕を前提としたものがほとんどで、家そのものを安く入手できても、結局はリフォーム・修繕にお金がかかってしまいます。
「廃材を使って自分でリフォームするから大丈夫」というサバイバル能力高めな人はともかく、「今すぐ田舎暮らしを始めたい」という人には少々ハードルが高い。

▶︎ 古民家をリノベーションするメリットとデメリット

今回ご紹介する物件は、山口県山口市の古民家。売却価格は300万円と、このブログでご紹介する物件としては「高い」部類に入りますが、リフォーム済みの快適な古民家物件です。


Tagged with:


pho1_1438219790

無償譲渡の空き家物件、ネットでの情報公開が増えてきました。
テレビや冷蔵庫などの家電を処分するのにもお金がかかるようになって久しく、自動車だってリサイクル券が必要です。

このブログで無償譲渡の家をご紹介すると、「タダより高いものは…」なんて声が聞こえてきたりもしますが、使ってもいない家を所有・維持するのにも修繕費や税金などお金がかかります。無償でいいから引き取って欲しいというのはごく自然な流れなのではないかなと思うのです。
なんなら今後は、「お金を払うから引き取って欲しい」なんてケースが出てきても不思議ではありません。

…って、この記事を書いている自宅のすぐ近くの土地で、住宅メーカーが建売用の家をガンガン新築しています。うーん、なんでしょうこの盛大な供給過多。

今回は岩手県一関市の空き家バンク物件のご紹介です。


Tagged with:


Unknown

全国の自治体のホームページを巡回するのが日課となっている私ですが、特に天草市の空き家バンクページは、訪問する度にサプライズがあって大好きです。
以前には無償譲渡(0円!)の空き家物件なんかもあったりして、毎回ワクワクさせてもらえます。

そして今回のサプライズは、賃貸物件です。家賃は0円。無料で借りられる一戸建て。しかも畑つきです。


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.