wgp4NXLGS

ご覧くださいこの素敵な佇まい。
空き家バンクの田舎暮らし物件の中でも希少な賃貸の古民家物件です。家賃は10,000円/月。
所在地は和歌山県有田郡有田川町。和歌山県のほぼ中央に位置する自然豊かなところです。

続きを読む »


Tagged with:


1

今回は三重県熊野市の小さな漁村にある一戸建て物件をご紹介します。
価格はなんと20万円。建築年が昭和39年とのことなので、52年経っていることになりますが、この頃は既に戦後の建築資材の乏しい時期ではなく、ちゃんとした建材で作られている可能性が高く、構造がしっかりしていればリノベーションで蘇らせることは十分可能とのこと。

gaikan

外観写真からは、漁村特有の住宅密集感が見られます。
広々とした庭とか家庭菜園のできるスペースはありません。駐車場は近隣で確保することになります。

続きを読む »


Tagged with:


5130736b342ee9ffd80708f689d14616

みなさまお盆をいかがお過ごしでしょうか。
東京ではお盆になると人が少なくなるのが楽しくて、普段と違って交通量の少ない青山通りを意味もなくドライブしたりして楽しんでいました。
田舎では逆に、里帰りしてきた人で賑わいます。阿蘇には他に県外ナンバーやレンタカーの観光客も増えて、震災直後の寂しかったゴールデンウイークに比べるとかなり賑やかでちょっと安心。

今回ご紹介するのは、長崎県新上五島町の賃貸物件です。家賃は月8,000円。
木造二階建て。左右対称の外観がいいですね。

続きを読む »


Tagged with:


gaikan

突然ですが、「古民家」ってのは築何年以上だと古民家なのでしょう?
これまでにも何度か同じ疑問にぶつかっては、検索したり本で調べたりするのですが答えは出ません。「築○年以上を古民家とする」という定義はないそうです。ということは、「この民家は古いなぁ」と思えばそれは古民家ということ……?

今回ご紹介するのは昭和38年築の民家です。「古民家」というほど古いかと言われるとそうでもないような気もしますが、築50年超というと結構古い感じがします。もう古民家ってことにしましょう(´ ー`;)

続きを読む »


Tagged with:


震災後から続いた長雨。南阿蘇村では連日の大雨警報、避難勧告避難指示。僕も何度かの夜を避難所で過ごし、心休まる暇もなかったのですが、ようやく梅雨が明け夏がきました。我が家は阿蘇山へ登る道の途中にあるのですが、標高も600mを越えると空気がまったく違います。エアコンがいらないどころか朝晩は寒いです。今から冬が恐ろしいです。

最近ますます活気付いているような印象を受ける各地の空き家バンクですが、今回も破格の古民家を見つけました。
価格は5万円です。家賃ではありません。土地と家屋を合わせた売買価格が5万円なのです。

続きを読む »


Tagged with:


岩手県一関市の店舗付住居・100万円

都会から田舎へ移り住み、田舎暮らしを始めるにあたって乗り越えるべき大きな壁。それは住居探しと仕事探し。
自分に合った職業や、雇ってくれる企業が見つかる割合も、都会に比べれば僅かです。そこで、移住をきっかけに自分で起業してしまう人も少なくありません。僕の周りにもそういう人は何人かいます。

田舎で何か商売を始めようとした場合、住居と店舗を同時に探すとなると手間もお金も倍かかる。
しかし店舗付住居だったら?問題は一発で解決です。最近は、空き家バンク物件でも店舗付きの住宅がちらほら見られるようになりました。

岩手県一関市の店舗付住居・100万円

今回ご紹介するのは、岩手県一関市の、酒屋さんだった店舗付住居。100万円です。

続きを読む »


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.