yokote1

新年あけましておめでとうございます。
本年も当ブログ「田舎の生活(を、夢見ている)」をよろしくお願いいたします。

さて、今年一発目の話題は「100万円で買える一戸建物件」のご紹介です。
所在地は秋田県横手市。延床面積が一階と二階合わせて約260m²の大きな家。

続きを読む »




pho1_1375778266

面白い物件見つけましたー!
所在地は岩手県の最南端、一関市です。
元々どのような方が住まわれていたのでしょうか?木造二階建て、延床面積が約365㎡の立派な一戸建てです。

続きを読む »


Tagged with:


田舎暮らしを始めるにあたって、知らない土地への移住には不安がつきまとうものです。ましてや家を購入するのは大きな賭けになってしまいます。
そこで、まずは賃貸物件に住み、その土地に馴染んでから購入する家を探すという手順を踏むことをオススメします。
その土地に住むことで、終の住処となる物件も腰を据えて探すことができるし、もしかしたら同じ集落の中にイヤな奴が住んでるかもしれない。あと独特の変なルールがあったりとか。「オラこんな村イヤだ」と思った時、賃貸であればさっさと別の場所へ引っ越してしまえるのです。

とは言え、田舎で高い家賃を払うのは本末転倒というか、家の購入資金のこともあるのでなるべく安く抑えたいですよね。
今回は一万円以内で借りられる、田舎の賃貸物件をリストアップしてみます。

高知県黒潮町・10,000円/月(相談可)

kuroshio1

土佐のカツオ一本釣りで有名な黒潮町の空き家物件。
「修繕が必要な箇所はありませんが、直したい所があれば借主負担でお願いします」とのこと。家賃一万円で修繕不要な物件はかなり珍しいと思います。

kuroshio2

お風呂も綺麗。すぐにでも住めそうですね。
黒潮町の空き家バンク情報ページには、他にも家賃3,000円〜の物件が豊富に掲載されていますよ!

物件詳細・お問い合わせ先:黒潮町空き家バンク物件番号67-01

続きを読む »


Tagged with:


IMG_4614-600x450

興奮が止まらない。
以前にも当ブログで取り上げ話題になった大分県国東市の空き家バンクから素晴らしい物件が出ています。
築年数60年超の古民家物件

賃貸なら家賃一万円(一年で!)

賃貸でも売却でもオッケーなんですが、驚愕の価格です。
賃貸の場合は年額10,000円。家賃が一万円です。

年額です。月額じゃないんです。一年間で一万円なのです

続きを読む »


Tagged with:


漫画家のつるけんたろうさん(36)は、2008年に広島県尾道市に移住、空き家を無償で譲り受けて生活している。その顛末を8月、『0円で空き家をもらって東京脱出!』(朝日新聞出版)にまとめ出版した。

東京でバイトをしながら漫画を描く生活を続けていたつるさんは、「モヤモヤと襲ってくる重圧と焦り」に背中を押され、妻(37)とともに移住を決めた。

坂道と虫の襲来とに格闘しながら、自力で壁にしっくいを塗り、くみ取り式トイレを改装し、一つひとつ、暮らしを作り上げてきた。

移住全般でつるさん夫妻を助けてくれたのが、同市で空き家を再生する活動をしているNPO法人・尾道空き家再生プロジェクト(通称・空きP)だ。

続きを読む »




uid000354_20140820132928c5296a55

全国各地で増え続ける空き家を民宿やカフェとして再生したり、自治体が移住者の住居にしたりと活用する動きが出てきた。総務省が7月下旬に公表した住宅・土地統計調査(2013年10月現在)によると、空き家は住宅全体の13.5%を占める820万戸に達し、過去最高を更新した。そのままにしておけば倒壊や放火の懸念があるだけに、地域の資源として活用することで人を呼び込もうと模索する。

続きを読む »


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.