10514685_773223092697842_5212800605487911353_n

毎年恒例の「ふるさと回帰フェア」が今年も開催されます。
本年で第10回目を迎える回帰フェア。今回は会場を一新し、国際フォーラムでの開催となります。

~都会に未練なんてない!!~をキャッチフレーズに、全国44都道府県から約300の自治体・団体が参加致します。

ふるさと暮らし相談コーナーも充実しておりますので、ぜひふるってご参加ください。入場は無料です。




20130824-00000123-san-000-7-view

農業の担い手育成や遊休地解消を目指し、農家以外の人が小規模から農業経営に参入できる大阪府の「準農家制度」が人気を集めている。府が橋渡し役となって農地を貸し出し、収穫した作物を販売できる全国的にも珍しい仕組みで、これまでに49人の「準農家」が誕生。府内の農家戸数は10年前から約1割減少し、高齢化も深刻だが、制度開始で民間の遊休地計5・3ヘクタールの解消にもつながったという。

府南東部の富田林市にあるイチゴ畑。蒸し暑いビニールハウスで苗の手入れをする大阪狭山市の米田哲治さん(40)は「試行錯誤の毎日。でもやりがいがある」と汗をぬぐった。


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.