田舎暮らしを始めるにあたって、知らない土地への移住には不安がつきまとうものです。
また、下見の時にはわからなかったことに住んでから気づくことも多く、家を購入した後に「こんなはずじゃなかった……」と後悔するのは避けたいものです。
そこで、まずは賃貸物件に住み、その土地に馴染んでから購入する家を探すという、段階的田舎暮らしという方法を提案します。格安の家賃ということで、実際に住むにあたっては大規模な修繕が必要になったりとそれなりに覚悟が必要ということは念頭に置いて……。

鳥取県日野郡・賃貸古民家・一万円/月

nichinangaikan

築150年超の古民家です。配管工事や一部補修が必要な箇所はありますが、広々とした間取りの古民家に家賃一万円で住むことができます。
母屋と長屋があります。状態の良さそうな長屋の方で生活しながら、母屋を修繕するといいかもしれません。コメリも10km以内の距離にあります。

物件詳細・お問い合わせ:日南町の空き家情報(物件No.3)


Tagged with:


024_s

高知県の南西部に位置し、足摺岬で知られる土佐清水市の賃貸空き家物件をご紹介します。
築年数は約60年とかなり古いですが、小さなお家なので修繕もさほど大変ではないと思います。賃貸物件ですがリフォームは借主が自由に行うことができます(もちろん自己負担で、家主さんへの相談は必要です)。
リフォームすることを前提にこのお家を見てください。なんだかカワイイ家に変身しそうな〝素材の良さ〟を感じませんか?


Tagged with:


南阿蘇の牧野から

南阿蘇の牧野から

田舎暮らしを始めるにあたって、知らない土地への移住には不安がつきまとうものです。ましてや家を購入するのは大きな賭けになってしまいます。
そこで、まずは賃貸物件に住み、その土地に馴染んでから購入する家を探すという、段階的田舎暮らしという方法を提案します。

これまで何度か家賃一万円以下の田舎暮らし物件をご紹介してきましたが、今回は「古民家」に特化してピックアップしてみました。
格安の家賃で、しかも古民家ということで、実際に住むにあたっては大規模な修繕が必要になったりとそれなりに覚悟が必要ということは念頭に置いて……。

和歌山県有田郡の古民家・家賃10,000円/月

wgpKbIyzv

和歌山県有田郡有田川町から、真っ赤なカンヅメ屋根が目を引く古民家物件。
有田ICから約35分ほど。緑に囲まれた静かなところです。台所の床、壁などの改修が必要になります。

物件詳細:わかやま空き家バンク


Tagged with:


kouchi1

久しぶりに激安物件を見つけました。なんと家賃が3,000円。売買なら30万円。
ネットで情報が公開されている空き家バンク物件は、ここ1〜2年でかなり増えてます。まだまだ需要に供給が追いついていない状況ではありますが、着実に状況は良くなっています。

さて、物件の所在地は高知県の中央部、石鎚山系の山々に囲まれた越知町。携帯電話もネットもない、本物の田舎暮らしを楽しめる古民家物件です。


Tagged with:


l01

今回ご紹介するのは高知県の南西部、太平洋に突き出した町の土佐清水市の賃貸一戸建て物件です。
Wikipediaによると土佐清水市は、

四国本島の西部南端に位置し、地理的に大消費地から遠く、高速道路・鉄道も通っていない。当市は日本の市の中で東京からの移動時間を最も要する場所であるとされる(高等学校の「地理A」では、東京から最も移動時間を要するのは島根県江津市と掲載されている。出発時間や出発・到着場所の決め方によって変わるので、どちらも東京から最も時間がかかると言って間違いではない)。また高知県内11市中人口が2番目に少なく、高齢化率が最も高い市である。主要産業である水産業の衰退とともに過疎化、高齢化が深刻化している。

とのこと。しかしながら土佐清水市のホームページを見ると、「あしずり駅伝大会」「足摺椿まつり」や「花へんろ足摺温泉ジョン万ウオーク」などのイベントが盛んに行われているようですし、地域おこし協力隊や市の臨時職員など求人の募集も少なからずあり、元気な町という印象を受けます。


Tagged with:


8199b6ec46e04feb800d1c6f8208cc1c845b1e04

山小屋が付いた賃貸の農園「クラインガルテン」を開設する自治体が増えています。
都会に住む人が週末などを利用して短期間滞在するもので、人口減少に悩む地方自治体は、移住の足掛かりになるとして期待しています。

埼玉県川越市在住のフリーライター、岡崎さんは片道3時間半かけて、長野県松本市にあるクラインガルテンに通います。
孫と一緒にトマトやナスを栽培。採れたて野菜を使った料理も楽しみます。


スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.