20140130-00000001-wordleaf-0764a30357e1ff3373c204d44b0137832

ふるさと暮らしを希望する都市住民と地方自治体のマッチングを支援するNPO「ふるさと回帰支援センター」(東京都千代田区)は30日、2013年の移住先人気ランキングをまとめた。

1位は3年連続長野県で、同センターは「定期的にセミナーを開催し、着実に希望者を伸ばしている」と分析。
センターには20代から40代の若者世代の相談者も年々増加していると言い、移住する場合の優先順位として「就労の場を意識している人が増加している」としている。


Tagged with:


DSCF5884

若い世代の移住・定住を促進し活力あるまちづくりを進めようと、香川県琴平町は、今年度から新婚夫婦に賃貸住宅費を補助する「新婚さんいらっしゃい事業」をスタートし、受け付けを開始した。

婚姻届を提出して1年以内の40歳未満の新婚夫婦が、町内の民間賃貸住宅(家賃月額3万円以上)に居住した場合、家賃月額1万円を2年間補助する。

人口減少が続く同町の今月1日現在の人口は9530人で1年前から約200人減。65歳以上の割合も39%と高く、若い世代の減少が目立つ。平成22年度には過疎町に指定された。

補助の受付期間は28年3月31日まで(昨年度に婚姻届を提出した夫婦は26年3月31日までに申請)。町は「子供の人口増にもつながってくれれば」と期待している。問い合わせは町住民サービズ課((電)0877・75・6704)。

引用元: 若い世代の定住へ 新婚さんに家賃補助 香川・琴平町 (産経新聞) – Yahoo!ニュース.

これはいい制度。若い世代もどんどん田舎に行きましょう!
「新婚さんいらっしゃい事業」というネーミングセンスは仕方ない( ;´ー`)
若い世代の住民が不足してるんですから。


スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.