640px-Tsurugi-toyama_16-9

県とJR東日本のタイアップによる首都圏向けの「移住お試しツアー」が15日、県西部で始まり、東京などから訪れた男女18人が、本県の恵まれた住環境の一端に触れた。16日まで。

1年後に迫る北陸新幹線開業を見据え、定住促進につなげる狙いで、県の「くらしたい国、富山」推進本部とJR東日本グループ会社「びゅうトラベルサービス」が主催した。JRと自治体による体験ツアーは、長野県佐久市に続き全国で2例目。


Tagged with:


151929257_600x450

移住者に人気の富山県から。富山市の格安中古一戸建て物件です。
海あり山あり街ありと、生活至便な田舎暮らしが送れそうな場所です。


Tagged with:


150835169_640x480

富山県下新川郡朝日町。小川温泉まで4km。山間に建つ中古一戸建て物件です。
価格が150万円とお安いですが、風呂やキッチン、トイレなどの水回りは割と最近リフォームされたように見えます。
ということは、初期費用がかなり抑えられるということです。
北アルプス・白馬や乗鞍にほど近く、山好きにはたまらない立地。登山の拠点にもいいですね。

富山県下新川郡朝日町山崎の中古一戸建て・新築一戸建て[6950553923]|物件満載【MapFan住宅情報】.




世界遺産に登録されている富山県南砺市の相倉合掌造り集落で19日、月1万円で賃貸する古民家への入居を希望する家族を対象とした現地見学会が開かれた。関東から九州までの6 家族20人が雪に親しんだり、集落住民との交流会に参加し、相倉での生活のイメージを 膨らませた。

図書健裕区長が歓迎のあいさつをした後、参加者は積雪約2メートルの集落内の田に入り、雪だるまを作ったり、かんじきを履いて歩くなどして雪と触れ合った。続いて、賃貸される古民家「旧高田家」を見学し、夜には相念寺で集落住民との交流会に臨んだ。


Tagged with:


射水市新湊地区の郷愁を感じさせる内川の水辺風景に魅せられ、東京でまちおこしにかかわってきた夫婦の明石博之さん(41)、あおいさん(36)=富山市下新本町=が二十二日、射水市八幡町の畳屋だった古民家を再生し、カフェを開く。明石さん夫婦は「古民家を活用したまちおこしのモデルにしたい」と燃えている。


Tagged with:


少し前の話題になりますが、法政大学大学院の坂本光司教授と、幸福度指数研究会のメンバーが面白い研究結果を発表しています。
様々な社会経済統計の中から、地域住民の幸福度を示していると思われる40の指標を抽出し、これらの指標を10段階評価したもの。

ようするに、住民が幸せを感じている都道府県ランキング、ってことですね。結果は以下の通り。

01位   福井    7.23点
02位   富山    7.20点
03位   石川    6.90点
04位   鳥取    6.63点
05位   佐賀    6.55点
05位   熊本    6.55点
07位   長野    6.48点
08位   島根    6.35点
09位   三重    6.25点
10位   新潟    6.18点

ベスト10に沖縄県が入っていないのは意外な気がします。
トップ3は北陸三県。次いで4位が鳥取県。日本海に面した県が1位〜4位というのが興味深いです。
同率5位は佐賀と熊本。九州です。8位はまた日本海に面した島根県。

統計の指標は以下の通り。


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.