0000032650

3月末に野焼きが行われ真っ黒だった阿蘇の草原ですが、あっという間に新緑に覆われました。所々に見られる山崩れの跡が痛々しいですが、余震もだいぶ落ち着いてきたように感じます。このまま収束してくれることを願うばかり。

先日のエントリーでもお伝えしたとおり、僕は本震の後、妻の実家がある山口県へ一時避難していたわけですが、熊本からさほど遠くもなく、それでいて余震や土砂災害のストレスを感じずに済む一時避難場所として、山口県はちょうどいいのではないかと思いました。空き家もたくさんあるし。

今回ご紹介するのは、家賃25,000円の一戸建て物件です。
家具が揃っているのですぐに入居できて、しかも家電も自由に使えてしまうという驚きの物件。熊本地震で不幸にも家を失ってしまった方は、こういう選択肢もありますよということで。


Tagged with:


871_1468_img

40年に一度の寒波がやってくるということで、近所のスーパーは水と食料を確保しにやってきた人々で賑わっています。
うちも何か買わなきゃ!と思ったのですが、水も灯油もたっぷりある。米もこないだ買ったばかりだしなぁ。
というわけで、ポテトチップスやらチョコレートやらビールやら、寒波とは関係ないものを買いました。

あ、関係ないついでにAmazonでFire TV Stickを買いました。これスゴイですね。
USBメモリみたいなヤツをテレビのHDMI端子に差し込んでチョコチョコっとネットの設定をするだけで、HuluやらYouTubeとかが居間のテレビで観られてしまうという。凄いなぁ未来きてるなぁ。ケーブルテレビはもう解約しちゃおうかなぁ。クラウドサービスも始まったし、もうAmazonプライムさえ押さえとけば大丈夫みたいな時代になりそうな勢い。

話が逸れたので戻します。
現在、私が住んでいるのは熊本市の東端、築50年の隙間だらけの古い家。
小さな灯油ストーブ2台で、果たして40年に一度の寒波を乗り越えられるのかちょっとワクワクしてしまっています。

そんな折ですが格安空き家バンク物件、今回は山口県萩市から。
水田の水面に映る一戸建て。なんだか独特の迫力を持つ外観です。左側は増築された部分でしょうか。


Tagged with:


0000045346

当ブログではこれまで50万円以下の空き家物件を多くご紹介してきました。中には0円なんて物件もありました。120万円の物件を「高い」なんて感じてしまう症状(?)も出てきてしまう始末。

激安物件は入手した後お金がかかる

とはいえ、やはりそのような激安物件というのは当然のことながら、大規模な修繕を前提としたものがほとんどで、家そのものを安く入手できても、結局はリフォーム・修繕にお金がかかってしまいます。
「廃材を使って自分でリフォームするから大丈夫」というサバイバル能力高めな人はともかく、「今すぐ田舎暮らしを始めたい」という人には少々ハードルが高い。

▶︎ 古民家をリノベーションするメリットとデメリット

今回ご紹介する物件は、山口県山口市の古民家。売却価格は300万円と、このブログでご紹介する物件としては「高い」部類に入りますが、リフォーム済みの快適な古民家物件です。


Tagged with:


0000016901

週末は隣町の甲佐蚤の市へ出かけてきました。天気がよくて、というか夏が戻ってきたかのような日差しに頭がクラクラしてしまい、何も買わずに帰ってきてしまいました。帽子かぶっていけばよかった。
初めて行った甲佐町は、商店街に空き家が目立ったもののイベントはかなりの賑わい。商工会の若い人が頑張っているんでしょうね。
熊本の市街地から車で数十分、小さいながらも雰囲気のいい商店街なので、これから商売を始めたい若い人には狙い目の町なのではないでしょうか。

さて、今回は山口県山口市の格安空き家物件のご紹介です。


Tagged with:


0000019394

最近は格安の空き家バンク物件もネット上で公開されることが増えています。
このブログを開設した2年前よりも格段に増えている実感があります。当初は100万円を切る価格の一戸建物件を見つけたらその都度驚いていたのですが、ここ最近はすっかり慣れてしまいました。ありがたいことです。


Tagged with:


269175006_640x427

…わかってます。このブログで扱う物件にしては若干お高いですよね?
でも紹介したかったのです。海が見える素敵な家なのです。

瀬戸内海に浮かぶ島の中で3番目に大きい周防大島。
年間平均気温15.5℃と比較的温暖な、青く澄みわたる瀬戸内の海と四季の彩り豊かな美しい自然を有する町です。


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.