154-1

山での田舎暮らしが始まって早2週間。
この家は元々永住用ではなく、夏を過ごす別荘として建てられたものらしく、そのため収納スペースがとても少ないんです。
庭仕事用具や大工道具なんかを収納する場所もないので、ウッドデッキの一部分に四畳くらいの小屋を建て始めました。杉の野地板やら廃パレットやら林檎箱やら粗大ゴミの家具なんかをツギハギして作っているのですが、これがもう楽しくて楽しくて。完成したらお披露目しますのでもうしばらくお待ち下さい。

さて、今回ご紹介するのは福岡県の古民家物件。150万円です。
この物件の所在地である豊前市は、大分県に接していて、海があって山があって水の綺麗な場所です。特にこの物件は大分県中津市との県境に近いです。日常の買い物は中津市の方が近いのかな。
気候は瀬戸内式気候なので、一年を通して温暖で降水量も少なく暮らしやすい田舎のようです。


Tagged with:


196209161_640x480

去年の6月に紹介した物件ですが、価格が見直され更に手頃になっていたので再掲載。

「福岡県に住むんだったらここがいいな」と私が勝手に思っている糸島市にある物件です。
風光明媚で食べ物も美味しく、それでいて買い物にも不自由しないという理想的な土地です。なんなら博多まで都市高速を使えば30分ちょっとで行けますしね。

250万円から180万円に値下げされたとはいえ、ここのところ空き家バンクの激安物件が続いていたせいか高いと感じてしまいますが、それはちょっと感覚がおかしくなっています(私を筆頭に)。


Tagged with:


image.php-4

当ブログ「田舎の生活(を、夢見ている)」も今月で開設から丸3年が経ちました。
開設当初は東京23区内のマンションに住んでいました。二年目に、南阿蘇村での家探しの拠点として熊本市郊外の「ちょい田舎」へ移住し、家探しは現在も続いています。早くブログタイトルの(を、夢見ている)の部分を削除したいのですが…。

さて、今回ご紹介するのは、首都圏の田舎暮らし候補地として人気の高い千葉県の、海が見える家です。


Tagged with:


426438777_600x419

憧れの田舎暮らし。田舎と言ってもロケーションは様々です。
海が見える場所だったり、小川のせせらぎが聞こえる場所だったり、雄大な山に囲まれた場所だったり。

僕の場合は、大好きな阿蘇五岳が一度に全部見渡せる、ドーンと抜けのいい視界の開けた場所がいいなぁと思っていたのですが、先日、阿蘇のとある空き家を見に行ってからちょっと心境に変化が。
その家は敷地の一部が小さな森になっていて、ブナやクヌギ、ネムノキなどの、背の高い落葉樹がたくさん植えられていました。すでに数年間手入れされた様子はなく、地面には枯れ落ちた小枝や葉が敷き詰められていました。
枯葉の絨毯の上を歩くと、サクサク、ポキポキと小気味のいい音がします。
きっと夏は緑に包まれて、程よく日差しを遮ってくれるんだろうなぁ。
放置されているけど、荒れてはいない。その落葉樹の小さな森の雰囲気がとても素敵だったのです。

そんなわけで、今回ご紹介するのは木々に囲まれた小さな家です。


Tagged with:


336736750_640x480

ここ最近は、100万円以下で売られている空き家物件を見てもさほど驚かなくなってしまいました。
今年に入ってから、このブログのカテゴリに「50万円以下の空き家物件」というカテゴリを新しく追加したかと思いきや、すぐに「無償譲渡の空き家物件」カテゴリまで追加する有様。

よって、120万円というと「高いな〜」なんて思ってしまうのですが、これは完全に私の感覚がおかしくなっているのだと思われます。
今回ご紹介する物件は、このブログでは珍しく二階建てです。
なんだかこの、小さな学校の校舎のような雰囲気漂う外観にとても惹かれてしまったのです。


Tagged with:


120001a

やっぱり物件写真って大事だと思うんですよ。
特に移住しようとする場所が遠隔地の場合、物件を実際に見に行くのは困難なので、まずはネットに掲載されている写真を見るしかないのです。ところがその写真がピンボケだったり、撮影日の天気が悪くてどんよりしていたりすると、せっかくの素敵な物件もそう見えなくなってしまうし、その時点で興味を失われてしまうのは重大な機会損失だと思うのです。

今回ご紹介する古民家物件は、物件写真の雰囲気がとても素敵です。日差しと木漏れ日がいい感じ。


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.