IMG_0630

おはようございます。ここ数日、阿蘇地方には雪が降っています。標高約650メートルに位置する我が家の周囲は一面の銀世界。
昨年の3月末から始めた山の家での暮らし。今回、初めての冬を過ごすにあたって秋くらいからかなり戦々恐々としていました。ここは夏にエアコンがいらないくらい涼しい、いわゆる避暑地です。冬の寒さはとんでもないことになるんじゃないかと。
ただ、戦々恐々とはしつつも、顔は笑っていました。だって、そんな自然現象を感じたいからこそ田舎暮らしを望んだのですから。
昨晩はこの冬一番の寒さということで、夜の外気温は-10℃。朝起きてすぐ部屋の温度計を見たら-1℃でした。
それでもまぁストーブ焚いてればあったかいし、そんなにビビるほどのこともなかったなという感じです。まだこれからもっと寒くなる可能性もありますが……。

続きを読む »


Tagged with:


1973kusasenri

右奥のお姉さんのパンタロン。

懐かしい写真が出てきました。昭和48年(1973年)の草千里です。
赤い服の子供がまだ2歳の僕。爺ちゃんと婆ちゃん、そして赤牛を従えて。僕はこの頃から阿蘇が大好きだったんです。
この頃は放牧の牛がここまで来てました。車道も堂々と行き来していて、クラクションを鳴らしてもどかないもんだから渋滞になったりしていました。
夏には登山道のカーブごとに、とうきび(とうもろこし)を売るお姉さんが立っていて、手を振ると返してくれるのが嬉しかったのを憶えています。

続きを読む »


Tagged with:


IMG_2658

いつもの散歩道

平成28年熊本地震:『前震』

4月14日(木)

朝。
南阿蘇村の自宅から俵山トンネル〜西原村〜益城町を通り、熊本市東区のとある自動車修理工場へ。
この工場は高校時代の後輩が営んでいて、中古のジムニーの納車整備を依頼していた。車検は明日の予定なので、来週には納車できるとのこと。コーヒーを飲んで雑談。

「あ、オイル缶の空いとるやつある?」
「ありますよ。ロケットストーブ作るとでしょ。んなら2個ですね」
「いや、今のシングルタイプのやつをバージョンアップするけん、一個でよか」

オイル缶をもらって帰路へ。
国道57号線で大津町から南阿蘇村へ。
途中、立野のおべんとうのヒライでダブル海老天肉うどん390円を食べる。早めの昼食。阿蘇大橋を渡り河陽地区を通るいつものルートで自宅へ向かう。

昼。
高森町のコメリに立ち寄りパーライトを一袋購入。土壌改良剤だけどこれはロケットストーブの断熱材として使うもの。
自宅へ戻り、ロケットストーブの改良作業。20分ほどであっけなく完了。軽く燃焼実験をする。いい感じ。

IMG_5934

夜。
仕事を終えた妻が帰宅。今夜はロケットストーブで遊びたいので外のデッキで焼肉をやろうと提案。
焼肉のほか、冷凍庫にあった餃子をスキレットで焼いてみたりして楽しむ。

IMG_5924

21:30頃。
食事を終え、ウイスキーを飲みながらスキレットとダッチオーブンの手入れをしていたら、揺れた。
後にこれが《平成28年熊本地震》の前震であると知らされる。

続きを読む »


Tagged with:


DSCF0378

東京都練馬区から熊本市に引っ越してきて二度目の夏です。去年は冷夏で過ごしやすかったのですが、今年はしっかり暑いです。
熊本市は盆地なので夏の暑さが厳しいのは当然なのですが、それにしても「こんなに暑かったっけ?」ってくらい暑い。
とはいえ、練馬で住んでいたマンションは駅から徒歩1分の街中にあったので、日中は当然のことながら日が暮れてもずっと暑かった。それに引き換え現在の熊本の家は、周りを農地に囲まれているのもあって朝晩はちゃんと気温が下がってくれるのがありがたいです。

続きを読む »


Tagged with:


640px-Mt.Aso_and_caldera01

五つの山々からなる『阿蘇五岳』は、お釈迦様が仰向けに寝ている姿に例えられます。
県外からやってきた友人を阿蘇に案内した際、それを説明すると「ホントだ!」と感心されます。そして熊本県人は「どうだ凄いだろう」と満足げに頷くのです。

今日は中岳と、最高峰の高岳に登ろうと思ったのですが、登山口に到着した瞬間に火山ガスが大量発生し入山規制がかかってしまった為(泣)、予定を変更してお釈迦様の顔の部分であるところの『根子岳(1,408m)』の頂を目指します。

続きを読む »


Tagged with:


IMG_3239

ちょっとガソリンを入れに、とか、ちょっとランチでも食べに、とか。
そんな感じで軽く外出しただけなのに、気づけば阿蘇にいたということが多いです(汗)。

昨日みたいに天気のいい夏の日なんて特にその頻度は上がります。
現在住んでいる家は熊本市のギリギリ東端なので、阿蘇は近いのです。

続きを読む »


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2017 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.