640px-Mt.Aso_and_caldera01

五つの山々からなる『阿蘇五岳』は、お釈迦様が仰向けに寝ている姿に例えられます。
県外からやってきた友人を阿蘇に案内した際、それを説明すると「ホントだ!」と感心されます。そして熊本県人は「どうだ凄いだろう」と満足げに頷くのです。

今日は中岳と、最高峰の高岳に登ろうと思ったのですが、登山口に到着した瞬間に火山ガスが大量発生し入山規制がかかってしまった為(泣)、予定を変更してお釈迦様の顔の部分であるところの『根子岳(1,408m)』の頂を目指します。


Tagged with:


314912197_640x480

この写真を見た瞬間、心臓がピクリと反応しました。
玄関の引き戸、その左の部屋の窓枠。そして庇の上の赤い外壁と棕梠の木。可愛くて素敵な雰囲気を醸し出しています。




IMG_3239

ちょっとガソリンを入れに、とか、ちょっとランチでも食べに、とか。
そんな感じで軽く外出しただけなのに、気づけば阿蘇にいたということが多いです(汗)。

昨日みたいに天気のいい夏の日なんて特にその頻度は上がります。
現在住んでいる家は熊本市のギリギリ東端なので、阿蘇は近いのです。


Tagged with:


key

結果からお話しすればタイトルの通りなのですが、東京から熊本へ移住したのが今年の2月。そのわずか3ヶ月後にまた引っ越しをしました。
…というのも、2月に入居した家の大家さんの都合で、今年の10月までに立ち退かなくてはならなくなってしまったのです。
「はぁ!?そんなのないよ!」せっかく気に入って契約した物件で、ようやく生活も落ち着いたところ。引っ越しだって大変だし、できれば立ち退きは回避したいところですが、不動産会社と大家さんは平身低頭。もう決定事項のようです。




291261619_640x480

広々とした庭、日当たりも気持ち良さそうな中古一戸建て物件です。
土地面積は537.51m²、間取りは4DK。1979年1月(築36年)。

写真手前のベランダに、縁側やウッドデッキを設置したくなります。


Tagged with:


IMG_6164

先日、自宅からそれぞれ一時間ほどの距離にあるA町とB村の役場へ行き、空き家バンク担当の方とお話させていただきました。この2つの自治体の対応がとても対称的で面白かったので日記的にメモしておくことにします。

まずはA町へ

ホームページ上にも空き家物件の情報を公開しているA町の担当の方(40代半ばくらい)の対応はとてもシステマティックというか、いかにも役所の方というか。

「ネットに載っていたあの物件の詳細を知りたい」と申し出たのですが、「利用登録を済ませないと、情報をお見せすることはできません」と。その場で利用登録の書類に記入したんですけどね。「今日はここまで」な感じでした。
うーん。こうして文章にしてみると、なんだか冷たくて嫌な人だと誤解を受けそうですが、別に嫌な人だったわけではなく、あくまで淡々と職務をこなす真面目な人という印象でした。
※4月12日追記:実際、すぐに郵送で物件写真などが届きました。

一方、B村では…

一方、ホームページでの情報公開は行っていないB村。
担当の方(30歳前後)は、パソコンで物件の写真を見せてくれたりと、とてもフランクに情報を開示してくれました。


Tagged with:

スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.