CIMG71276-1024x768

九州への移住が人気を集めている。月刊誌の「住みたい田舎ランキング」でトップ5に九州の3市が入ったほか、東京のNPO法人による移住希望ランキングでも九州各県の順位が上昇。東日本大震災以降、実際に各県で移住相談が急増し、移住者も増えている。

温暖で暮らしやすいイメージだけでなく、人口減少に悩む自治体が定住促進策に工夫を凝らしていることも功を奏しているようだ。




174675115_640x480

田舎暮らしファンの間ではメジャーな県(?)、大分県豊後大野市の中古一戸建て。300万円です。
周りを農地に囲まれていながら、県道沿いにありそこそこ便利という、田舎暮らしにもってこいの立地。


Tagged with:


Showa_no_Machi_09

住みたい田舎1位に

大分・国東半島に位置する豊後高田市が、移住情報誌「いなか暮らしの本」(宝島社)2月号の特集「住みたい田舎ベストランキング」で、全国1位に選ばれた。高評価の理由は豊かな自然に加え、市営住宅の格安での賃貸や無料学習塾など支援制度の充実ぶりだ。人口3万人構想(現在2万4千人)を掲げる市は、知恵を絞って至れり尽くせりの支援を打ち出しており、2年連続で市外からの転入者が転出者を上回る状況が続いている。

ランキングは、田舎暮らしで人気の全国94市町村を同誌編集部が選定。その中から、7部門(自然環境、移住者歓迎度、支援制度、子育て、老後の医療介護、日常生活、交通)計70項目の独自アンケートを各自治体に行い、住みやすさを調査した。

豊後高田市は「支援制度」「子育て」「老後の医療介護」の3部門で1位を獲得し、総合トップに輝いた。


Tagged with:


169802309_640x480

大分県佐伯市から。大きな敷地と大きな倉庫がある一戸建て物件です。
物件写真からは、どことなく田舎の分校のような佇まいが感じられます。




大分県豊後高田市大岩屋の中古一戸建て・新築一戸建て[5077510301]|物件満載【MapFan住宅情報】

 「住みたい田舎ベストランキング」第一位の豊後高田市から、どことなくアメリカンな香りのする(?)一戸建て。

市内から少し離れた場所ではありますが、イコール田舎暮らしを楽しめるということ。
外観・間取りともに極めてシンプルなこの物件は、購入後自分好みに手を加える、いわゆる「カスタムベース」としての可能性をプンプン感じます。外壁を塗装するだけでガラリと雰囲気も変わるでしょう。
築年数も10年未満なので、見た目のカスタム(リフォーム)に思う存分精力を注ぐことができますね。

大分県豊後高田市大岩屋の中古一戸建て・新築一戸建て[5077510301]|物件満載【MapFan住宅情報】.


Tagged with:


この記事は2013年のものです。
 2014年版「住みたい田舎ランキング」の記事はこちら

B00ANQG8JI.01._SX298_SCLZZZZZZZ_V396994218_
いなか暮らしの本 2013年 02月号 [雑誌]

移住者向け情報誌「いなか暮らしの本」2月号の特集企画「住みたい田舎ベストランキング」で、豊後高田市が全国1位に選ばれた。

地域環境や移住者支援制度などが評価された結果で、市職員や市民らは「市の定住対策だけでなく、住民らの地域づくりの成果」と喜んでいる。県内では他に宇佐市が4位、竹田市が6位にランクインした。


スポンサーリンク

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.