スポンサーリンク

B00HAMUADI.01._SX294_SCLZZZZZZZ_V365536521_

 

この記事は2014年のものです。
2015年版「住みたい田舎ベストランキング」の記事はこちら

雑誌販売部数業界トップシェアの株式会社宝島社が発行する『いなか暮らしの本』は、12月28日(土)発売の2月号で「住みたい田舎 2014年版 ベストランキング」を発表します。

大反響をいただいた2013年版のランキング発表に続き、今回は2年目となります。
総合ランキングの他に、読者ニーズに合わせ「定年後暮らしが充実な田舎」や「子育て世代にぴったりな田舎」などのアンケート結果も発表し、田舎暮らしの魅力を更に追求した内容となっています。

「住みたい田舎ランキング」は、全国1,700以上ある市町村の中から今までの取材を基に編集部が厳選した、移住者からの人気が高く、移住者促進に積極的な“田舎暮らしに最適な137市町村”を対象に、移住するために重要となる70項目を設けてアンケートを実施しました。
「自然環境」「移住者支援制度の充実度」「子育てのしやすさ」など7ジャンルを設定し、自治体ごとに数値化した、日本で初めての「住みやすい田舎」ランキングです。

ランキング結果の上位は以下の通り。

スポンサーリンク

総合ランキング1位〜5位

第1位:宇佐市(大分県)
第2位:武雄市(佐賀県)
第3位:竹田市(大分県)、豊後高田市(大分県)
第5位:倉吉市(鳥取県)、大町市(長野県)、郡上市(岐阜県)

読者ニーズに合わせたランキング

<定年後暮らしが充実な田舎>
第1位:郡上市(岐阜県)
第2位:竹田市(大分県)

<子育て世代にぴったりな田舎>
第1位:宇佐市(大分県)、桐生市(群馬県)、七尾市(石川県)、郡上市(岐阜県)、綾部市(京都府)、邑南町(島根県)、高梁市(岡山県)

昨年2013年版の住みたい田舎ランキング第1位の豊後高田市に代わり、今年は宇佐市が1位の座を獲得しました。
やはり大分県、強いですね!
先日、「大分県国東市の空き家バンクがスゴい!」というタイトルでご紹介した通り、大分県では移住定住政策がかなり盛んに行われているようです。
実際、海あり山ありで素晴らしい場所ですもんね。

引用元: 2014年版 「住みたい田舎」ランキング発表!1~3位には大分県、佐賀県がランクイン!! – MSN産経ニュース.

いなか暮らしの本 2014年 02月号 [雑誌]

関連コンテンツ
カテゴリ『Press This』の記事

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.