スポンサーリンク

i=http%3A%2F%2Fpds.exblog.jp%2Fpds%2F1%2F200912%2F01%2F26%2Fa0129126_18202924.jpg,small=800,quality=75,type=jpg

エアロハウスとは、一言でいえば建築家と住み手がコラボして作る〝規格住宅〟のこと。
様々な面で自由が利く上に、耐熱性や耐久性、気密性にも優れています。
ようするに、土地に大きな箱を置いて、その中に住むような感覚。なので増設も自由自在。
とりあえず最初は一個、将来、子供が大きくなったらもう一個増設しよう。なんてことも可能なのです。
横に並べて広い空間を作ったり、上に積んで二階建てにしたり。

頑丈で軽量なので、車で移動させることもできます。
…ということは、土地を持っていない人が借地に建てても心配なし。
だって、家をそのまま車で移動させられるのですから。家ごと引っ越すことができるのです。

スポンサーリンク

interior01

極端な話ですが、海辺にこの家を建てて数年経って「海のそばももう飽きたなー」と思ったら山へでも都市部へでもそのまま引っ越すことだって出来なくもない!

エアロハウスは構造上、脚で持ち上げられているので建物の下には空間ができています。
ですからトイレや浴室、キッチンなど水回りは、床に穴を開けて配管をつなぐだけで、どこにでも配置できるし移動だって可能なのです。もちろん駐車スペースにもなります。
後々、間取りを変更したくなっても、それが手軽にできるということですね。

壁の断熱がどうなってるのかが気になるところではありますが、DIYでカスタムするのにもいい素材ですね。選択肢が増えました。

AERO HOUSE エアロハウス -世界で唯一の木造スケルトン・インフィル住宅 –

関連コンテンツ
カテゴリ『簡易住宅』の記事

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.