スポンサーリンク

126350551_640x480

北海道小樽市、4LDKの小さめ一戸建て物件。
建物は小さめですが土地面積は約75坪ほどあるのでゆとりはあります。

スポンサーリンク

さて、雪国への移住となるとその気候が気になってくるわけですが、小樽市のホームページでは以下のように説明されています。

北海道の暮らしで一番の心配は、冬の暮らしではないかと思います。
初雪は10月下旬から11月上旬ごろで、4月上旬ごろまで降雪は続きます。1月から2月ごろは、外気温もマイナスとなり、積雪も1メートルほどになりますが、最近の建物は断熱がしっかりしていますので、室内は外気温から想像されるほど寒くは感じません
北海道での冬期間の灯油消費量は、住居の構造や生活様式により異なりますが、11月から3月までの5カ月間で、給湯を含め一世帯平均1,350リットルという調査結果が出ています。

この物件の築年月は1958年10月となっています。
1958年が〝最近の建物〟と呼べるのかどうか……。この辺は物件を取り扱っている不動産屋さんに問い合わせてみてください。

物件詳細・問い合わせ北海道小樽市幸2丁目(小樽駅)の中古一戸建て・新築一戸建て[6917442901]|物件満載【MapFan住宅情報】.

関連コンテンツ
カテゴリ『200万円以下の空き家物件』の記事

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.