スポンサーリンク

震災後から続いた長雨。南阿蘇村では連日の大雨警報、避難勧告避難指示。僕も何度かの夜を避難所で過ごし、心休まる暇もなかったのですが、ようやく梅雨が明け夏がきました。我が家は阿蘇山へ登る道の途中にあるのですが、標高も600mを越えると空気がまったく違います。エアコンがいらないどころか朝晩は寒いです。今から冬が恐ろしいです。

最近ますます活気付いているような印象を受ける各地の空き家バンクですが、今回も破格の古民家を見つけました。
価格は5万円です。家賃ではありません。土地と家屋を合わせた売買価格が5万円なのです。

スポンサーリンク

建築年は未明ですが、大正年間に建てられた古民家です。
とはいえ洗面やトイレなどの水まわりは最近リフォームされたらしくピカピカです。え、5万円なのにいいんですか?

今までご紹介した100万円以下の激安物件といえば、大規模リフォームを前提としたものが大半でした。まぁDIY好きな人ならリフォームやリノベーションを楽しむこともコミでポジティブに行きましょう!な気持ちが必要だったりしたのですが。

室内もとっても綺麗です。冬季間以外は帰省でちょくちょく利用されていたそうなので、空き家と言えども手入れはキチンとされていたのですね。今すぐにでも住めそうな感じです。畑や蔵も付いています。

物件の所在地である兵庫県加美町は、日本海に面している自然豊かな町です。観光スポットや祭などのイベントも数多く、農業や畜産業も盛んで食材豊富。真の意味での豊かな生活を送ることができそうな田舎です。

物件詳細・お問い合わせ: 空き家バンク登録物件情報(第28-M-1)

関連コンテンツ
カテゴリ『50万円以下の空き家物件』の記事

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.