スポンサーリンク

DSCF0165

蛍光灯の明るくて真っ白い照明があまり好きじゃないのです。
蛍光灯の下で本を読んだり物を書いたりしていると、どうにも目が疲れるしなんだか落ち着かないのです。
それに、築50年の日本家屋である我が家には、蛍光灯の灯りが似つかわしくないように思えるのです。よってウチの照明器具は電球が殆どを占めています。天井から裸電球(電球色のLED含む)を吊るしたりもしてますし、IKEAで買ったアームライトを壁に取り付けたりしています。気づけばデスクライトなんかもいくつかあったりします。はい、そうです。照明器具が大好きなのです。

今日も、何の用もないのにホームセンターをぶらついていたところ、いい物を見つけました。

スポンサーリンク

ものすごくシンプルな照明

コンセントに直接挿す形の電球ソケットです。

こんなやつです。近所のホームセンターでは246円でした。
これ、電球を入れてコンセントに挿すだけで光るんです。スイッチはないので、点けたい時はコンセントに挿して、消したい時は抜く。そんな感じです。これと電球があれば、ものすごくシンプルな照明のできあがりです。

ただ、それだけじゃあまりにも味気ない。せっかくなのでコードをカラフルなものにして、ちょっとオシャレなタップも付けてみます。ちなみにこの黄色いコードは、屋外用の延長コード。家電量販店ではなく、ホームセンターで買えます。被覆が柔らかいラバー製なので、コードに変なクセが付きづらくて使いやすいのです。

組み合わせてみました。ほら、ちょっといい感じじゃないですか?
タップを噛ませたのは、デスクの上で自立させるためでもあります。
電球はIKEAの省エネ球。これでも十分いい感じなのですが…

エジソン電球にしてみました。点灯させてみると…

IMG_2450

正直、暗いです(苦笑)
この灯りだけで本を読むのはちょっと辛い。ただ、雰囲気はすごく良いです。直視しても眩しくないところも良いです。
何の工具も使用せず、市販品の組み合わせだけでオリジナルのデスクランプが完成しました。天井にフックを付けてぶら下げてもいいかも。


関連コンテンツ
カテゴリ『DIY』の記事

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.