スポンサーリンク

640px-Chikugo-Funagoya_Station_Kyushu_Shinkansen

筑後市は全国的な人口減少傾向を踏まえ、16年度までの人口5万人の達成目標を掲げた「市定住促進行動計画」を策定した。今年度は、新婚世帯への家賃補助出産祝い金新幹線通勤の定期代補助などの施策を盛り込んでいる。

同市の人口は先月31日現在で4万9076人。07年に策定した市の第4次総合計画では、16年度末の人口を5万人と想定していたが、同市は14年度末の約4万9120人をピークに減少に転じると予測。このため、転入・定住の促進策が必要として、今後10年間の行動計画を策定した。

計画は基本方針として「安心して子どもを生み育てられる」「すぐにでも住んでみたくなる」「誰もがいつまでも住み続けたい」の3本柱を掲げており、出生数の増加や転入、定住の促進を図る。

中村征一市長は「元気な筑後市づくりに向け、計画には具体的な取り組みをまとめた」としている。【松尾雅也】

引用元: 筑後市:人口5万人目標、16年度までに達成 「定住促進行動計画」を策定 /福岡 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース.

関連コンテンツ
カテゴリ『Press This』の記事

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.