スポンサーリンク

島根県内の中山間地域への移住や起業に関心のある首都圏在住者が24日、益田市匹見町のワサビ谷を見学した。
県が呼び掛け、東京都と千葉県に住む3人が参加。匹見町にIターンしたワサビ農家の案内で、同町紙祖のワサビ谷に入った。
谷筋に沿い約1キロにわたって石垣を組んでいることや、担い手の高齢化で長く放置されたワサビ谷を復旧する作業に取り組んでいることについて説明を受けた。
奥山に分け入った3人は、積もった落ち葉や枯れ枝を取り除いたり、石に付いたコケを落としたりして復旧作業を手伝った。東京都江東区の会社員岡本佳子さん(33)は「自然環境に大変な手間が加わって、おいしいワサビができるんですね」と感心していた。

【写真説明】ワサビ谷の復旧に取り組むツアー参加者

移住希望者がワサビ谷見学 – 中国新聞.

カテゴリ『田舎暮らし』の記事

(c)copyright 2012〜2017 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.