スポンサーリンク

石川県羽咋市の空き家バンクに0円(無償譲渡)の古民家が登録されています。建築年は明治17年。築133年の正真正銘の古民家です。
10年以上前の話ですが、千里浜なぎさドライブウェイを訪れた際、UFO博物館みたいな施設を見学した記憶があるのですがアレはまだ存在しているのでしょうか。

間取りは1階が8畳間が4つと6畳間が1つ、2階は8畳間と6畳間は1部屋ずつ。和式トイレと石油で沸かすお風呂がついています。例によって大規模な補修が必要ですが、なんせ物件はタダですから。

画像にあるシャッターのついた建物は昭和50年に増築されたもの。もし私がこの物件を譲ってもらったら、とりあえずこの建物に寝泊まりして母屋をゆっくりセルフリノベーションします。道具や資材もたっぷり置けそうですしね。

ところで情報元のページには以下の記載があります。

売買希望額は0円ですが、贈与税等の諸費用が必要になります

不動産を無償でやりとりする場合、贈与税の他にどのような「諸費用」がかかるのでしょうか?
通常、不動産を購入する場合には以下の費用がかかります。

・仲介手数料
・印紙代
・不動産取得税

空き家バンクを利用する場合、不動産業者を仲介するケースとそうでないケースがあります。この場合は無償譲渡なので業者は通さないと思われるので仲介手数料は0円。
不動産の価格が0円なので印紙の記載金額もありません。この場合、記載金額のない契約書として200円の収入印紙を貼ることになっているそうです。
不動産取得税と贈与税は、土地建物の固定資産税評価額から算出されます。古民家の場合は築年数が古いので評価は低く、大した金額にはならないんじゃないかなぁと思います。

詳細は以下のリンクからどうぞ。

物件詳細・お問い合わせ: 049 | 羽咋市空き家情報バンク

カテゴリ『空き家バンク』の記事

(c)copyright 2012〜2017 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.