スポンサーリンク

hyougo県は、県内の農村や漁村へのIターン者を増やそうと、田舎暮らしに関する情報の発信強化に乗り出した。ガイドブックを3年ぶりに刷新するほか、18日からは県内外で大規模な就農相談会を開き、田舎の魅力を都市部で幅広くアピールしていく。

県都市政策課によると、県内の農村などに移住した正確な人数の統計はない。だが、各自治体が田舎暮らしを希望する人に物件を紹介する「空き家バンク」では、年間に供給する物件のうち、成約が9割に達する地域があるなど、Iターン者は堅調に増えている。悠々自適の生活を求めるシニア世代から、流行(はや)りの「古民家カフェ」を開店したいという若者まで様々という。

県が昨年、1300人を対象にした意識調査でも、7割が「農村滞在、定住に興味がある」と回答。相談会の開催を求める声も4割あった。

農村を支援するNPO法人と県などで2007年につくった「ひょうご田舎暮らし・多自然居住支援協議会」は、ガイドブックを3年ぶりに改訂する。前回から2倍となる12家族(20~60歳代)の移住体験談を掲載。家族構成や移住に至った経緯をつづった。

朝来市で花屋を経営する30歳代の夫婦は「小さな商いで生計を立てる若い人が多く、安心感がある」とした。家族4人で同市で暮らす40歳代の男性教員は「最初は不便だと思ったが、地元の祭りを通して近所付き合いが生まれ、野菜をもらったり、薪(まき)の切り出し方を教えてもらったりと、生活がとても心地いい」と魅力を語った。ほかに洲本市の30歳代の男性陶芸家や、佐用町でベゴニヤ栽培に取り組む40歳代の夫婦の声などを紹介した。

また、同協議会は18日午前10時、空き家探しや農業指導に応じる臨時相談会を神戸市のJR三ノ宮駅南の円形広場で開く。現在、25団体あり、最大規模になる。9月には、大阪市内で他県との合同説明会を開き、来春には同市で初の単独開催をする予定。

(2013年5月16日  読売新聞)

引用元: 田舎暮らしの魅力発信 県、ガイド本や相談会充実 : 兵庫 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

以下、『兵庫で田舎暮らし〜多自然居住支援サイト』からの引用です。

田舎暮らしを始める方のガイドブックとして、都市と農村の交流の取り組みや田舎暮らしの先輩からのメッセージ、短期・長期滞在型施設の紹介、支援施策情報、相談窓口などを掲載した「兵庫で田舎暮らし」を改訂しました!当ホームページからもダウンロードできますのでご覧ください。
※送付希望の場合
返信用封筒(角2サイズ)に送付先の住所、氏名、パンフレット希望部数を記載の上部数に応じた切手を添付し (1冊・・・200円切手、2or3冊・・・390円切手、7冊まで・・・580円切手)、兵庫県都市政策課都市政策係(〒650-8507 神戸市中央区下手通5-10-1)へお送りいただければパンフレットを送付させていただきます。

関連コンテンツ
カテゴリ『Press This』の記事

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.