スポンサーリンク

阿蘇では野焼きが行われ、梅が満開になりまもなく桜も開花しようかという今日この頃ですが、山間部ではまだ肌寒い日が続いています。
さて、今回ご紹介するのは新潟県村上市の空き家バンク物件です。価格は80万円。
築30年というのは当サイトでご紹介する物件でも「若い」方ですが、それで価格が100万円を切っているというのはかなりの好条件ではないでしょうか。

では、どんな物件なのか見ていきましょう。

木造二階建てで間取りは5DK。収納たっぷりなので部屋を広く使えます。
また縁側があるおかげでさらに和室が広く感じられます。

お風呂は灯油ボイラー式。シャワーもついています。トイレは和式の汲み取り式なので、抵抗がある方は工事の必要があります。
それにしてもこの物件の素晴らしい点は、80万円という低価格にもかかわらず修復の必要がなく、すぐにでも住むことができる状態だということ。まだ空き家になってから半年ほどしか経っていないそうです。

この画像を見ると、確かに空き家独特の雰囲気とは異なり、なんというか人が生活している空気感が伝わってくるような気がします。

「風除室」があります。寒い時期だけでなく雨の日も便利なのですが、これがあるということは、ここは寒冷地であるということ。
冬には2メートル前後の積雪があり、屋根の雪下ろし作業が必要な場所になります。

集落の行事がありますが、都合がつきましたら参加してください(強制ではありません)

情報元のサイトには以上の文言があります。この「強制ではありません」というのが良いです。もちろん参加した方がいいし、それが田舎で暮らす楽しみ、醍醐味でもあると思うのですが、「強制参加だ!」と言われるとちょっと重い。「できれば参加してね」と言われればなんとか都合をつけようと思うのが人情。
現に今、私が住んでいる集落がそんな感じなので、肩の力を抜いたご近所づきあいができています。

物件詳細・お問い合わせ:空き家バンク物件情報 – 村上市公式ホームページ

カテゴリ『空き家バンク』の記事

(c)copyright 2012〜2017 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.