スポンサーリンク

640px-Kozenji_tamba02s3200

丹波市 (地域協働課0795・82・2272) は今年度から、市内にU・Iターンする人や、新たに2世帯同居をする人が住宅を新築、購入、改修する場合の補助制度を拡充し、中学生以下の子どもが住む場合にはさらに一律50万円を加算。 最高で100万円を助成する 「新いきいき定住促進住宅補助金制度」 を始めた。

昨年度までの同制度は、市内にU・Iターンする人が住宅を新築、新規購入する場合は50万円、改修の場合には20万円を補助。 新たに2世帯同居をする人の場合は、新築、新規購入、改修のいずれも20万円を補助していた。 いずれも市内業者が施工するのが条件。

スポンサーリンク

同制度は、移住や定住、Uターンを促進するのがねらい。 今年度からは、新築、新規購入の場合に中学生以下の子どもがいる世帯に対しては、さらに50万円を上乗せし、子育て世代への支援を充実させる。

2016年度までの3カ年。 今年度は1300万円を予算化した。

拡充前の11年度から昨年度までの同制度実績は、94件 (U・Iターン者59件、2世帯同居33件) で、2358万2000円を交付した。 転入人数は145人 (U・Iターン者132人、2世帯同居11人)、同居人数は168人だった。

補助対象者の住宅工事 (新築、改修など) 費用を合計すると、約8億8700万円となり、同課は 「地域経済の活性化にもつながったのでは」 としている。

引用元: 丹波新聞 | 子育て世代新築に100万円 住宅補助を拡充 定住促進で丹波市.

こういうの、他の自治体でももっとどんどんやった方がいいと思うんですよ。
地元の業者さんだって潤うわけですし。

関連コンテンツ
カテゴリ『Press This』の記事

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.