スポンサーリンク

d28ba_249_2014-12-29-064333

毎年、一年を締めくくる話題といえば?
そうです。「住みたい田舎ベストランキング」の発表です!

本日12月29日に発売の「田舎暮らしの本」2月号で、「2015年版 住みたい田舎ベストランキング」が発表されています。

「住みたい田舎ランキング」は、定住促進に積極的な295市町村を対象にアンケートを実施し、〝田舎暮らしに最適な自治体〟をランキング付けしたものです。
アンケート項目は、田舎暮らしの実現に重要なポイントとなる、

・自然環境
・医療介護体制の充実度
・移住者支援制度の充実度
・子育てのしやすさ

など、10ジャンル全95項目を設定。

スポンサーリンク

第3回を迎える今回のランキングは、「移住者支援制度が充実」「就職・就農支援が手厚い」「子育てのしやすい環境」などの理由から選ばれた島根県大田市が総合1位となりました。

次いで2位は鳥取県鳥取市。以下、常連の大分県豊後高田市鹿児島県薩摩川内市が同率3位、佐賀県武雄市が5位という結果となりました。

総合ランキングのほかに、「子育て世代にぴったりな田舎」や「シニア世代が暮らしやすい田舎」「週末に通える田舎」など、計7つの部門別ランキングも発表されていますので、詳しくは本日発売の「田舎暮らしの本」2015年2月号をご覧ください。

総合ランキング

1位 大田市(島根県)

2位 鳥取市(鳥取県)

3位 豊後高田市(大分県)

3位 薩摩川内市(鹿児島県)

5位 武雄市(佐賀県)

部門別ランキング

・子育て世代にぴったりな田舎:1位 伊那市(長野県)

・シニア世代が暮らしやすい田舎:1位 武雄市(佐賀県)

・週末に通える田舎:1位 館山市(千葉県)

 

関連コンテンツ
カテゴリ『Press This』の記事

One Response to “【2015年版】住みたい田舎ベストランキングを発表 !第一位は?”

  1. […] 2015年版「住みたい田舎ベストランキング」で見事1位の座を獲得した、島根県大田市の空き家バンク物件のご紹介です。 昭和2年に建てられた、とても広々とした玄関土間のある立派な古民家。この土間スペースでお店ができそうです。 […]

(c)copyright 2012〜2016 田舎の生活(を、夢見ている)allright reserved.